光秀は義昭に会いにいく…「麒麟がくる」第42回あらすじ 離れゆく心

シネマトゥデイ 映画情報 / 2021年1月24日 15時5分

釣りをしながら話す (C)NHK

 大河ドラマ「麒麟がくる」の第42回「離れゆく心」が24日よる8時からNHKで放送予定。あらすじを紹介する。

 長谷川博己が主演している本作は、本能寺の変で織田信長を討ったことで知られる戦国武将・明智光秀の知られざる半生を描いている作品。第42回では毛利攻めの副将である荒木村重までもが信長(染谷将太)に対して反旗をひるがえしてしまう。

 村重を必死に説得する中で、終わりの見えないすべての戦は武士の棟りょうたる将軍の復権につながっていると光秀は悟る。義昭(滝藤賢一)が追放された鞆の浦(とものうら)へと足を運ぶ光秀。釣りざおを垂らす暮らしをしているかつての将軍・義昭と再会する。

 光秀は一緒に京に帰ろうと促すが、義昭は「そなた一人の京ならば考える」と返す。本作は2月7日の放送で最終回を迎える予定だ。(編集部・海江田宗)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング