1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 映画

『ワイルド・スピード』ハンが最新作で食べているお菓子、亀田の柿の種だった

シネマトゥデイ 映画情報 / 2021年8月2日 6時30分

写真

キャラポスターでハンが手に持っているお菓子、柿の種だった! (C) 2021 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.

 映画『ワイルド・スピード』シリーズの人気キャラクター・ハンは、大のお菓子好きで知られている。そんな彼が最新作『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』(8月6日全国公開)で食べているお菓子が、亀田製菓の「亀田の柿の種」であることが明らかになった。米ユニバーサルも公式情報として認めている。

 第3弾『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』で初登場したハン(サン・カン)は、四六時中お菓子を口にしており、せんべいやビスケットなどその種類は様々だ。暗殺者デッカード・ショウの策略により命を落としたはずのハンは今回、東京に潜伏していたことが判明。その影響から、お菓子も亀田の柿の種を選んでおり、すでに公開された予告編やキャラクターポスターでも柿の種を手にしたハンの姿が確認できる。

 シリーズに帰ってきたハンは、本作で武装兵との肉弾戦にも挑んでおり、この度彼の活躍ぶりを捉えた本編映像も公開された。オレンジカラーをまとったスープラに乗ったハンは、持ち前のドリフトテクニックを披露し、敵の装甲車へと潜入。機転の利いたアクションで敵兵士を撃破する。

 約7年ぶりのハン再演にあたり、サンは「今回はアクションにも参加するから、肉体的にもハンを作り上げなければならなかった。このようなアクション映画は肉体的にもの凄くキツいということは経験上、わかっていたことなので、体をしっかり鍛えて臨まないといけないことは自覚していた」と撮影前から肉体強化に励んでいた。

 さらに、ハンと戦う兵士役は総合格闘技界のトップ選手フランシス・ガヌーとあって、撮影中はサンも終始興奮していたそうだ。「僕はUFC(アルテメット・ファイティング・チャンピオンシップ)のファンで、本物のファイターと一緒に撮影して、彼の動きを目の当たりにでき、彼から色々学ぶことができる機会にとても興奮した。実際には1秒で僕を倒すことができるようなファイターと1対1で喧嘩できる機会に恵まれて大喜びだった」と戦闘シーンを振り返っている。(編集部・倉本拓弥)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング