1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 映画

金子大地が見つめる…『先生、私の隣に座っていただけませんか?』新場面カット

シネマトゥデイ 映画情報 / 2021年8月2日 6時1分

写真

自動車教習所の先生を演じる金子大地 (C) 2021『先生、私の隣に座っていただけませんか?』製作委員会

 黒木華と柄本佑がダブル主演を務める映画『先生、私の隣に座っていただけませんか?』(9月10日公開)で、自動車教習所の先生にふんした金子大地の新場面写真3点が公開された。

 本作は TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM 2018 で準グランプリに輝いた企画を映画化した作品。漫画家夫婦の妻・佐和子(黒木)が不倫を題材にした新作を描き始め、その内容から自身の不倫がバレたのではないかと不安に陥る夫・俊夫(柄本)と、佐和子との攻防がユーモラスに描かれる。

 金子が演じるのは、佐和子が通う自動車教習所の先生・新谷歩。今回公開されたのは、車の中で佐和子を見つめる写真2点と、車の前に私服で佇む姿を収めた写真の計3点。車の中で佐和子を見つめる写真はいずれも似たカットだが、1点は制服を着て教習所の先生として佐和子を見つめ、どこか心を奪われたような表情のもの。もう1点は私服で佐和子と同乗し、その表情は憂い気で何かを訴えかけているようにも見えるカットとなっている。

 「ドラマ『腐女子、うっかりゲイに告る。』(19/NHK)での演技が印象的だった」と金子のキャスティングについて明かす堀江貴大監督。「佐和子の漫画の中のキャラクターとしても描かれる新谷は、より人間味を持たせる上で視線や瞳の動かし方が重要だと思っていた」とした上で「(金子さんは)瞳の揺れ方が特徴的」と高く評価している。

 金子は、夫婦をウソとホンネが交錯するスリリングな心理戦へと導くキーパーソンとも呼べる新谷を演じてみて、「実はこういう人だったんだと、ある意味、観客の方を驚かせるような部分を託されていたので、とにかく爽やかな好青年で、まるで王子様でこの世界に実際にいるのかどうか分からないような人物という点を強く意識して演じるように心掛けました」と心境を明かしている。(清水一)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング