1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 映画

菅田将暉『CUBE』予告編が公開!サブタイトルも明らかに

シネマトゥデイ 映画情報 / 2021年8月2日 7時0分

写真

謎が謎を呼ぶ…… (C) 2021「CUBE」製作委員会

 ヴィンチェンゾ・ナタリ監督が手掛けたSFサスペンスを菅田将暉主演でリメイクする『CUBE』(10月22日公開)より、死のトラップが次々と襲いかかる怒涛の展開を捉えた60秒の予告編が公開。あわせてサブタイトルも発表され、作品のタイトルが『CUBE 一度入ったら、最後』に決定したことも明らかになった。

 本作は、1997年に公開されたナタリ監督による同名映画を日本版としてリメイクした密室サスペンス。謎の立方体「CUBE」を舞台に、立方体の部屋がつながる空間に閉じ込められた男女6人が、決死の脱出に挑む姿が描かれる。密室の6人の男女を菅田と共に杏、岡田将生、田代輝、斎藤工、吉田鋼太郎が演じる。

 今回公開された60秒の予告編では、謎の部屋=CUBEで目覚めた、年齢も職業も違う6人の男女に次々と“死のトラップ”が襲いかかる様子が映し出されていく。全方向に謎の扉がある立方体の部屋で目覚めた6人の男女はエンジニア、フリーター、整備士、団体職員中学生、会社役人と年齢も出自もバラバラ。謎の部屋から脱出しようとする彼らを、火炎噴射やワイヤースライサーなど、数々の死のトラップが襲いかかる。

 予告編にあわせて公開された本ビジュアルは、真っ赤に染まったCUBEの中に放り込まれた6人のキャラクターを写したもの。ビジュアル内には二つの扉が捉えられており、そこには予告編にも映っていた数字が書かれている。右下には6人の誰のものでもない手が見えており、さまざまな要素が物語への期待を高めている。

 また、映画のサブタイトルが「一度入ったら、最後」に決定したことも明らかに。死のトラップが仕掛けられた迷宮のようなCUBEの謎を表現したサブタイトルになっている。(編集部・大内啓輔)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング