1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 映画

大泉洋×柳楽優弥『浅草キッド』桑田佳祐の新曲が主題歌!予告など公開

シネマトゥデイ 映画情報 / 2021年9月14日 6時0分

写真

Netflix映画『浅草キッド』ティーザーアート

 大泉洋と柳楽優弥が主演を務めるNetflix映画『浅草キッド』(12月9日よりNetflixにて全世界独占配信)のティーザー予告映像とティーザーアートが公開。桑田佳祐の新曲が主題歌であることも明らかになった。

 本作は、ビートたけしの原点であり、師匠である深見千三郎と過ごした日々を描いた青春映画。劇団ひとりが監督・脚本を務め、昭和の浅草を舞台に、たけしの下積み時代を活写する。大泉が深見千三郎、柳楽がタケシを演じ、門脇麦、鈴木保奈美らがキャストに名を連ねる。

 今回公開されたティーザー予告には、コントでホステスを演じるために厚化粧を施したタケシに向かって、深見が「バカヤロー! 芸人なら芸で笑いを取れ! 笑われるんじゃねぇぞ、笑わせるんだよ」と一喝する場面も。鮮やかなイエローに深見とタケシが佇むティーザーアートは、一度折ったような跡がデザインされている。

 主題歌は桑田佳祐の新曲「Soulコブラツイスト~魂の悶絶」。ちょうど同楽曲を制作中だった桑田は、完成前の映像を鑑賞して「楽曲の世界観がより深まったように感じた」と共鳴し、楽曲提供が実現した。主題歌について大泉、柳楽、監督は以下のようにコメントしている。(清水一)

大泉洋

この作品のために作られた曲ではないのに、何故この歌はここまでこの作品にハマるのでしょう。いや、ハマるというよりも、この歌は『浅草キッド』そのものを歌っている気さえします。
タケシと師匠深見千三郎の切ないストーリーを最後に笑い飛ばすかのように流れる、明るくて、どこか懐かしいメロディがこの作品をとても前向きな、また違う次元に連れて行ってくれる気がしました。
「幸せになれるワケはないのに、何故イケナイ人を愛しちゃうんだろう?」という歌詞が見事にこの作品を言い表しているのには流石の一言です。

柳楽優弥

今日までに本編を3回観ましたが、3回ともエンディングまで観るくらい「とても好きな曲がまたひとつ増えた!」と感じています。『浅草キッド』の世界観にとても合っていて、高揚感が高まり元気をもらえる曲です。
Netflixはエンドロールで次の作品をオススメしたがりますが、ぜひエンドロールも楽しんでください。

劇団ひとり監督

最後に凸と凹がピタリと合わさるような爽快感です。素晴らしい主題歌をありがとうございました。本作の色々な想いを一つにまとめて頂きました。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング