1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 映画

有村架純&森田剛が涙の抱擁…『前科者』特報映像が公開

シネマトゥデイ 映画情報 / 2021年10月27日 7時0分

写真

『前科者』ポスタービジュアル (C) 2021 香川まさひと・月島冬二・小学館/映画「前科者」製作委員会

 有村架純が主演を務める映画『前科者』の公開日が決定し、2022年1月28日より劇場公開されることが明らかになった。あわせて特報映像も公開された。

 本作は、香川まさひと原作、月島冬二作画による同名コミックを『二重生活』『あゝ、荒野』などの岸善幸監督が映画化する社会派ヒューマンドラマ。罪を犯した前科者たちの更生・社会復帰を目指して奮闘していく保護司の姿が描かれる。有村が主人公となる保護司の阿川佳代、森田剛が彼女のもとで更生して社会復帰を目指す前科者の工藤誠を演じるほか、磯村勇斗、リリー・フランキー、木村多江、若葉竜也、マキタスポーツ、石橋静河、北村有起哉、宇野祥平などがキャストに名を連ねる。

 劇場公開日の決定にあわせて特報映像も公開。映像では「人殺しでも、更生できると思いますか?」という仮釈放中の工藤誠が放った言葉に、力強く「はい」と答える保護司・阿川の表情が印象的だ。清々しい昼に開放感のある広場でお弁当を工藤に手渡し、並んで座る笑顔の阿川の姿や、涙を流しながら抱き合う姿が切り取られ、物語の中心となる二人の関係性を垣間見ることができる。

 ところが、映像は容疑者として浮上した工藤の名を読み上げる刑事・滝本(磯村)の声が響き、事態が一変する予感を残して幕を下ろす。果たして工藤は連続殺人事件に関わっているのか、そして過去に向き合い続ける者と未来に寄り添う者に希望はあるのか、物語の全貌に期待を高める仕上がりとなっている。

 なお、11月20日からはWOWOWにてドラマ版の放送・配信も予定されている。新人保護司の阿川佳代がさまざまな前科者と向き合い、成長する姿が描かれる。(編集部・大内啓輔)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング