1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 映画

パク・ヒョンシク×パク・シネ!現代人の心に刺さるドラマ「ドクタースランプ」の魅力とは?

シネマトゥデイ 映画情報 / 2024年2月15日 9時12分

 話題作の配信が続くNetflixの韓国ドラマ。その中でも、1月28日から配信されている「ドクタースランプ」は週間グローバルトップ10(1月29日~2月4日)のテレビ・非英語部門で1位を獲得するなど人気だ。日本国内でも好調な同作、何が注目を集めているのだろうか。(文・前田かおり)※本文には一部内容に触れる部分があります。

「ドクタースランプ」とは?

 高校時代のライバル同士でそれぞれ医師の道に進んだ2人の男女が、人生の崖っぷちで再会したことから始まる恋と成長を描くラブコメディー。主演を務めるのは、「花郎 〈ファラン〉」や「力の強い女 ト・ボンスン」などで知られるパク・ヒョンシクと、「美男(イケメン)ですね」や、「ピノキオ」など数々のラブコメディーで活躍してきたパク・シネ。

 パク・シネは出産後初の復帰作で、パク・ヒョンシクとは「相続者たち」以来、約10年ぶりの共演ということでも注目のドラマだ。脚本は「キム秘書はいったい、なぜ?」のペク・ソヌ、演出を「その男の記憶法」「恋のゴールドメダル ~僕が恋したキム・ボクジュ~」のオ・ヒョンジョンが手掛けている。

あらすじは?

 ソウルの高校で全国一位の成績を収める秀才&イケメンで人気者だったヨ・ジョンウ(パク・ヒョンシク)。だが、釜山から同率1位の美少女ナム・ハヌル(パク・シネ)が転校してきたことで、トップの座をめぐって2人は激しく競い合うことになる。それから十数年後、ジョンウは韓国最高峰の医大を経て、人気美容整形外科医になっていた。だが、医療事故が一大スキャンダルとなり、名声は地に堕ち、莫大な借金を抱えることになってしまう。

 一方、ハヌルは大学病院の麻酔科医になり、相変わらず努力を惜しまず仕事をしていたが、担当教授のパワハラに耐えに耐えた挙げ句、ブチ切れて退職。燃え尽き症候群になった彼女は、うつ病と診断されてしまう。そんな最悪な状況の中、ハヌルが家族と住む自宅ビルの屋根部屋に、ジョンウが越してきたことで再会した2人は、やがて互いの存在に癒やしを感じるようになる。

ロマコメ得意の2人が魅せる等身大のヒーリングドラマ

 主演カップルをロマコメ達者な2人が演じていることで話題の本作。パク・ヒョンシクは、ボーイズグループの一員としてデビューした後、俳優としては高視聴率を記録したドラマ「家族なのにどうして ~ボクらの恋日記~」で注目される。その後、パク・ソジュンと共演した「花郎 〈ファラン〉」で初の時代劇に挑戦し、「力の強い女 ト・ボンスン」で本格的なラブコメディーを大ヒットさせて人気を確立。日本でもリメイクされた米ドラマの韓国版「SUITS/スーツ」ではチャン・ドンゴンと共演するなど着々とキャリアを積んできた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

複数ページをまたぐ記事です

記事の最終ページでミッション達成してください