1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 映画

幾田りら&あの、理想は自然体でいること ブレイク後も変わらぬスタンス

シネマトゥデイ 映画情報 / 2024年3月20日 12時10分

 前後編2章立ての長編アニメーション映画『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション』(通称・デデデデ)で、アーティストとしてNHK紅白歌合戦に出演するなど快進撃が続く幾田りらとあのが主演声優&主題歌を務める。音楽以外にも活躍の場を広げる2人が、近年大きく変わってきたという周囲の変化や、それに対する自身のスタンスなどを語った。

原作の言葉の強さをどう伝えていくか

 2014年より「週刊ビッグコミックスピリッツ」で連載がスタートした、浅野いにおの人気漫画をアニメーション映画化した本作。東京上空に突如現れた巨大な宇宙船によって異常事態に陥るなか、変わらずに日々の青春を謳歌する少女たちの姿を描く。幾田は、劇中に登場する国民的漫画「イソベやん」の愛読者で、担任教師に思いを寄せる女子高生・小山門出役。あのは、門出と小学校以来の親友で戦争ゲームオタクの女子高生・中川凰蘭(通称:おんたん)役を務めた。

 原作や脚本を読んだ際、幾田は「浅野先生の漫画はもちろんですが、脚本を読んだ中で、言葉の力を強く感じ、門出としてどうやってしっかりと伝えていくのか想像しました」と感想を述べると、あのも「僕も改めて、浅野先生の作品の言葉の重みをしみじみ感じました」とメッセージ性の強いセリフに身が引き締まったという。

 浅野の持つ言葉の強さを意識しつつ、門出とおんたんというキャラクターに命を吹き込んだ幾田とあの。親友役ということで、2人で掛け合いを行ったシーンも多々あった。幾田が「どういう演技をするのかというのは、基本的に任せてもらえましたが、例えば取っ組み合いになったとき、殴ったり殴られたりする瞬間などは、しっかりとディレクションしていただきました。お互い一生懸命に声を出して臨場感を出すのは、難しさもあり楽しさもありました」と振り返ると、あのも「2人で演じているときは、お互いの空気感や息づかいは、あまり意識しなくてもスッと入っていけました」とテンポやリズム感の相性が良かったことを強調する。

 普段は、アーティストとして言葉を表現している2人。幾田は「歌うときも『どのフレーズを前に出した方が聞き取りやすいか』とか『どういう言い回しにした方が、より言葉が前に出てくるのか』みたいな差し引きはとても意識してリズムをつけたり、音程をつけてみたりするので、実際に歌っているときに、行っていることをアフレコにも活かせるのかなという思いで臨んでみました」と歌唱と声優の共通点を述べる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

複数ページをまたぐ記事です

記事の最終ページでミッション達成してください