男であることを隠してミスコン挑戦!主演は美貌のユニセックスモデル

シネマトゥデイ セレブゴシップ / 2021年1月21日 12時41分

映画『MISS ミス・フランスになりたい!』ポスタービジュアル (C) 2020 ZAZI FILMS - CHAPKA FILMS - FRANCE 2 CINEMA - MARVELOUS PRODUCTIONS

 幼い頃からの夢をかなえるため、男性であることを隠してミスコンに臨む主人公を描いたフランス映画『MISS ミス・フランスになりたい!』が、2月26日に日本公開される。主演は、美貌のユニセックスモデルとして話題のアレクサンドル・ヴェテールだ。

 併せて公開された予告編は、9歳の美少年アレックスが「ミス・フランスになること」が将来の夢だと明かすシーンから始まる。クラスメイトに冷やかされ、本当の自分になれないまま大人へと成長したアレックスだが、ある日、幼なじみが努力の末に夢をかなえたことを知り、自分自身も昔からの夢に向き合うことを決意。下宿先で家族同然に暮らす個性的な面々の力も借りて、「ミス・フランス」に挑むことになる。本物の「ミス・フランス実行委員会」と提携したことで実現した、リアリティーのある厳しい選考の内幕や、参加者たちがまとう華やかで美しい衣装の数々も見どころだ。

 Netflixドラマ「エミリー、パリへ行く」にも出演しているアレクサンドルは、これが長編映画初主演。端正な美貌を遺憾なく発揮するだけでなく、悩める若者の喜怒哀楽もフレッシュに表現している。監督・原案・共同脚本は、俳優としても活動するルーベン・アウヴェスが務めた。(編集部・市川遥)

映画『MISS ミス・フランスになりたい!』は2月26日よりシネスイッチ銀座ほか全国公開

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング