“恋”をしてたら結婚できない? 婚活女子がやりがちな3つのミス

citrus / 2019年6月13日 18時0分


成婚率80%の婚活アドバイザー、結婚相談所マリーミー代表の植草美幸です。30代以上になって恋愛や婚活がうまくいかないと、「ある程度で妥協しないと、一生結婚できないかも……」と焦ることもあるでしょう。あるいは、婚活アドバイザーから、「妥協しないと……」と言われるかもしれません。


しかし、たとえ結婚できてもあとから後悔してしまうのでは意味がありません。ジャッジメントは出会いの段階で始まりますが、まずはその“NGポイント”から把握しましょう。あなたのこだわり、間違っているかもしれませんよ?



■相性なんて後からついてくる


1. 収入&仕事を妥協する

話が合う、気が合う、好みが似ている、セックスが合う……といった理由で、収入や仕事にこだわらず結婚するのは非常に危険です。長い結婚生活の間に、相性は自然と合ってきます。しかし、相性重視で結婚した場合、居心地がいいのは最初のうちだけで、我慢の日々が待っています。もちろん、あなたのことを否定するモラハラ体質などはきちんと見極めるべきですが、「相性なんてあとからついてくる」くらいの気持ちでいいのです。


2. 「見た目は妥協しよう」と考える

人の見た目なんて、髪型と服装でほとんどが決まります。男性であれば特に、髪型が似合っていて、耳毛や鼻毛が出ていなくて、清潔感のある古臭くない服をジャストサイズで着こなしていれば、見違えるほど変身します。ダイエットや植毛という手もありますよ。つまり、妥協すると言っている時点で考え方が間違っているのです。あなたがリードして、あなたが好きなように変えてあげればいいのです。


3. 恋をしてしまう

断言します! 恋をしていたら結婚できません。実際、婚活中に恋をして、いくつかの条件に目をつぶって結婚してしまう人がいます。すると、希望年収に目をつぶれば生活レベルに苦しみ、学歴に目をつぶれば子供の教育で苦しむ。やがて恋の魔法が解け、壁にぶつかるたびに、あの時妥協しなければ……という思いが頭をよぎり、こんなはずじゃなかったと離婚を考え始めるのです。結婚したいのであればまずは恋と結婚は別物であることを肝に命じること。その上で自分の条件を見定め、それに合った人に的を絞りましょう。



■あなたはどれだけいい女なの?


以上、NGポイントを挙げてきました。でも、妥協できない、周囲にいい男がいない、と諦める方もいるかもしれませんね。「あぁ、いい男がいないな。私って妥協できないタイプだから」なんて言っている女性に、私は言いたい!


あなたはどれだけいい女なの?


そもそもイケメンでスタイルが良く年収も高い、まるで王子様のような男性とある日突然出会って結婚できる確率は限りなく低いです。それを期待して夢見る夢子さんのままでは、何も始まりません。


もし、結婚したいのであれば、自分にとって本当に「いい男」(もしくは、男性読者さんにとっての「いい女」)とはなんなのか、その点にしっかり向き合ってください。あなたに本当に必要な条件はなんなのか、その点にしっかり向き合えば、現実的な年収、学歴、人柄などが見えてくるはず。


そうすれば、「いい男がいないから、この程度で妥協してやるか」という上から目線は改められるはずです。夢から覚めたところで自分の周りを見渡しましょう。その視点で見れば「あっ、この人!」と思う人が、案外近くにいるかもしれませんよ。


妥協しているつもりなのに、なぜかうまくいかず、結婚に結びつかないというあなた。私の著書『なぜか9割の女性が知らない 婚活のオキテ』には出会い以外にも、デートや交際中にもやりがちなNGポイントを解説しています。ぜひご自身のやり方を見直してみてくださいね。



【関連書籍】

『なぜか9割の女性が知らない 婚活のオキテ』(青春出版社)




この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング