アウディの屋台骨を支えるA4に、スタイリッシュな限定車を設定

clicccar / 2014年9月12日 6時3分

アウディの大黒柱といえば、やはりDセグメントのアウディA4シリーズ。

日本はもちろん世界的にも支持されており、現行型は2008年に日本に上陸したモデル末期ではありますが、2012年にビッグマイナーチェンジを受けるなど、年次改良を受けることで商品力を保っています。

今回、A4のエントリーグレードであるアウディA4/A4アバント2.0 TFSI、そしてクワトロのA4/A4アバント2.0 TFSIクワトロに、500台の限定車「Audi A4/A4 Avant urban style edition」を設定しました。

エクステリアは、ハイグロスブラックのフロントグリル、ブラックテールパイプ(セダンのみ)をはじめ、5アームローターデザインのコントラストグレーアルミホイール(7.5J×17、225/50R17)が採用されています。

インテリアで目を惹くのは、インパネのハイグロス仕上げ、マルチファンクション&パドルシフト付の本革巻き3スポークスポーツステアリングホイール、ステンレス製アクセル&ブレーキペダル。

ボディカラーは新色のトルネードグレーと、グレイシアホワイトの2色を設定し、セダンが200台、アバントが300台、計500台の限定になっています。

なお、ベースの「A4 2.0 TFSI」は180psの2.0L直噴4気筒ターボエンジンを搭載し、CVTとの組み合わせで、JC08モード燃費は13.8km/L、「A4 2.0 TFSI quattro」は211psを発揮する2.0L直噴4気筒ターボエンジンと7速Sトロニック、そしてフルタイム4WDを組み合わせながら、13.6km/Lの燃費を実現。

価格帯は「A4 2.0 TFSI urban style edition」の466万円から「A4 Avant 2.0 TFSI quattro urban style edition」の574万円です。

■アウディA4にスポーティな特別限定車が登場
http://clicccar.com/2014/06/23/259672/

(塚田勝弘)

clicccar

トピックスRSS

ランキング