北米トヨタデザイン部門が公開した「U2」は無限の可能性を秘める

clicccar / 2014年9月17日 14時33分

トヨタの北米デザインスタジオが提案するSUVのコンセプトカー「U2」が初披露されました。9月20日、21日にニューヨークで開催されるDIYイベントでも一般公開されるそうです。

パネルバンのようなサイドビューなど、圧倒的な存在感を抱かせる見た目が印象的ですが、大開口のルーフやスロープ形状になるリヤゲートなど、コンセプトカーらしい大胆な提案を盛り込んでいるのも見どころです。

サイドパネルはカスタマイズに対応し、リヤガラスをテールゲートにスライド可能など、DIYショーで一般公開されるコンセプトカーだけに、ユニークな仕掛けがいくつも用意されています。

インテリアもカスタマイズが可能で、助手席を含むシートを脱着し、ユーティリティレールシステムを活用すれば自転車も容易に積載可能です。

インパネもコンセプトカーらしい大胆なデザインですが、センターにタブレットを配置するなど、今後主流になりそうな提案も盛り込まれています。

(塚田勝弘)

clicccar

トピックスRSS

ランキング