レクサスのイメチェン着々!HS250h特別仕様車のカラーコーディネイトに注目

clicccar / 2014年9月22日 8時3分

競合ひしめくプレミアムブランドの中でレクサスは北米で成功を収めてきましたし、最近の日本でも品質や性能だけでなく、人の感性に響く情緒面やブランド力といった点はさらに時間も必要でしょうが、レクサスも抜かりなく、着々に進めているようです。

レクサスは以前からオプションの組み合わせなどで、大胆なカラーコーディネイトを提案してきました。

今年の6月16日に発売されたレクサスHS250hの特別仕様車「Harmonious Leather Interior2」に新しいインテリアカラーが追加され、11月3日からリリースされます。

特別仕様車にさらに新しい内装色を追加するのは珍しく、インテリアカラーとボディカラーの組み合わせを増やすことで、ユーザーの選択の幅をさらに広げることが狙い。

その内装色では、2トーンのレッドが艶やかで目を惹く専用インテリアカラー「レッドスピネル」を新規で開発するという気合いの入れようです。

専用本革シート表皮に宝石レッドスピネルの輝きをイメージしたカラーを大胆に採用しながら、ダークガーネットをメーターフードなどに配色。「赤×赤」の魅惑的で濃密なイメージを表現しているそうです。

赤のイメージに対比するのが、専用シートステッチの「エクリュ」とドアトリムの本木目などの「ホワイトゴールド」で、メリハリのある雰囲気を演出しています。

内装色は従来から用意されていた「ブラック&メローホワイト」と合わせて全2色の設定。

ボディカラーは、レクサスGSにも採用されている「ソニック技術」による明暗のグラデーションで、外観を際立たせる「ソニッククォーツ」と「ソニックチタニウム」を新採用し、特別色の「スターライトブラックガラスフレーク」を含む全11色が揃っています。

HS250h特別仕様車「Harmonious Leather Interior2」価格は前回から変わりなく、463万円です。

■レクサスGSが採用した「ソニック技術」と呼ぶ塗装方法とは?
http://clicccar.com/2014/08/24/265289/

(塚田勝弘)

clicccar

トピックスRSS

ランキング