クルマを選ぶパートナーに助言したい「賢くクルマを選ぶコツ」

clicccar / 2014年9月23日 14時33分

「車買おうか迷ってるんだけど、どれにしようかな…」と悩んでいるパートナーに、あなたはどんなアドバイスをしますか?どうせアドバイスをするなら、車選びのタメになるアドバイスをしたいものです。

では、車を選ぶパートナーにアドバイスをするときの「賢く車を選ぶコツ」を紹介します!

●まずは新車か中古車かを決める

車といっても、新車だったり中古車だったり、選ぶ幅は広いものです。

闇雲に車を買おうと思っているパートナーには、中古車を買うのか、新車を買うのかを決めることからはじめてみれば?と助言してみましょう。

「新車を買うような余裕はないから…」という人には中古車を、「頭金位はあるし」という人には新車を進めてみるといいかもしれません。新車を買う余裕はないけど中古車は…、という人には、新古車でもいいでしょう。

まずはどんな車を買うのかを決めることが大切になるので、そのあたりからアドバイスをしてみましょう。

●車のサイズは?

新車を買うにしても、中古車を買うにしても、普通車にするのか軽自動車にするのかも迷うポイントです。

普通車であれば税金は高くなってしまったり、ハイブリッドでなければガソリン代も高くなってしまいます。
軽自動車は税金も安く、ガソリン代もかからないというメリットがあります。

ですが、軽自動車のサイズだと室内が狭いイメージがあるので、あまり荷物が乗らないのではと思う人も多いのです。アウトドアが趣味の人には大きめのサイズのものを、通勤用など普段使いがメインならコンパクトカーサイズなどを選んでみましょう。

使い方によって車のサイズを選ぶように助言してみるといいかもしれません。

●燃費も重要

燃費というのはガソリン代に直結するのでとても重要なポイントになります。

できれば燃費の良い車である方が良いので、燃費についても助言しておくといいかもしれません。

ハイブリッドカーであれば燃費の心配はいりませんが、その分価格が高くなってしまいます。今は普通の車でも燃費がいいものが多いので、無理にハイブリッドカーを買わなくてもいいのかもしれません。

燃費も重要視するように助言をすると、快適なカーライフを送ることが出来るのではないでしょうか。

車というのは無理をして買うものではないのです。ですから、アドバイスをするときにはその人に見合った車を買うことに重点を置くといいかもしれませんね。

(北条 歩)

clicccar

トピックスRSS

ランキング