iPhone6登場! iOS8になってクルマで使うとき便利になった!!

clicccar / 2014年9月28日 10時3分

iPhoneユーザーのみなさん、iPhone6は導入しましたか? あるいはiOS8にアップデートしましたか?実はiOS8ではiPhoneをクルマで使うときにとても便利な機能が追加されたのです。

それは、音声でSiriを呼び出せるという機能。

私はiPhoneをクルマのオーディオにつないで音楽を聴いているのですが、これまでもSiriはよく使っていました。たとえば「スリラーが聞きたい」っていえば、マイケルジャクソンのアルバム「Thriller」を再生してくれますからね。タッチパネルを操作したり、オーディオのダイヤルやスイッチを操作するより、よっぽど簡単で安全です。

ただ、これまでのiOSでは、Siriを呼び出すときにはホームボタンを長押ししなければいけなかったんですよね。しかも、Siriに伝わらなかったり、聞き間違えられたりしたときは、またホームボタン(か画面)を押さないといけなかった。完全なハンズフリーではなかったわけです。それが、iOS8では、設定すれば電源ケーブルを接続しているときにかぎって、音声でSiriを呼び出せるようになったんです。

それでは設定のしかたを紹介しましょう。

まずは「設定」アイコンをタッチします。そして表示されたメニューの中の「一般」をタッチします。

次に「Siri」をタッチします。

そして「”Hey Siri”を許可」をONにします。

これでOKです。

ただね、この機能”Hey Siri”っていうみたいなんですが、これが合い言葉になっていて、これしか受けつけてもらえないみたいなんです。つまり、音声だけでSiriを起動するには、「ヘイ、シリー!」っていわないといけない。ちょっと恥ずかしいですね。

これまであまりクルマでSiriを使ったことがないひとのために、Siriでなにができるのか、その一部をご紹介しましょう。

まずは、音楽の再生ができる。たとえばiOSデバイスと連動しているカーオーディオで「スリラーが聞きたい」といえば、

「マップ」アプリも使えます。三井アウトレットパーク入間に行きたければ、

これで、いっさい手を触れることなしに、Siriとの会話だけで道案内をスタートできます。

渋滞のなかで退屈したときには、多少のヒマつぶしにもなります。たとえばサッカーが好きかどうか聞いてみると、

どうも元フランス代表のジネディン・ジダン選手と同じような経歴の持ち主のようです。

「面白い話しして」と無茶ぶりしてみると、基本的には乗り気じゃないんですが、

しつこくお願いすると、創作まじりの身の上話を聞かせてくれます。

こうやって人工知能(?)と会話をしているとまるで「ナイトライダー」のK.I.T.T.と会話しているみたいな気分になってきたので、悪ノリをしてみたところ、

おだやかに拒絶されました。

ともあれ、Appleが開発するクルマ用システム「CarPlay」もまもなく登場するようですし、音声認識による各種コントロールはこれから自動車業界においても旬になっていくのではないかと思います。

(まめ蔵)

clicccar

トピックスRSS

ランキング