2014年度上半期は輸入車も売れなかった! 消費税増税の影響で9.1%の大幅減

clicccar / 2014年10月11日 6時3分

「日本自動車輸入組合」によると、2014年4月〜9月の2014年度上半期の新規登録台数は、日本車だけでなく輸入車も消費税増税の影響は明らかで、大きく減っています。

海外ブランドの輸入車メーカーは12万4743台で、前年同期の13万7195台と比べると9.1%の減少になっています。

これに、マーチやミラージュなど日本メーカーの輸入車(タイなどの海外生産モデル)を含めると、14万4997台で、前年同期の16万8340台と比べると13.9%の大幅減に落ち込みます。

さらに、貨物車とバスをのぞいた乗用車だけ見ると、海外ブランドの輸入車メーカーは前年同期に対して91.1%、日本メーカーの輸入車は52.3%と、日本メーカーの輸入乗用車の落ち込みが際立っています。

日本メーカーのコンパクトカーは、軽自動車の躍進が直撃していて、マーチやミラージュなどコンパクトカーの中でも安価な価格設定をしているモデルは影響がより大きいよう。

海外ブランドは5年ぶりのマイナスで、フォルクスワーゲン、メルセデス・ベンツ、BMWの3強ともに前年同期を下回っています。

消費税増税後、国産、輸入車を問わず、新車投入や買い得感の高い特別仕様車などの設定でテコ入れを図っていますが、超高級車をのぞいた新車市場はその効果も限定的といったところで、来年4月の軽自動車税増税に加えて、来年10月に消費税が10%に上がるとなると、さらに縮小するのは避けられないかもしれません。

(塚田勝弘)

clicccar

トピックスRSS

ランキング