「日産ゼロ・エミッションサポートプログラム」で充電使い放題プランが登場

clicccar / 2014年10月19日 6時3分

日産リーフを買ったオーナーの約9割が加入しているという「日産ゼロ・エミッションサポートプログラム(以下、ZESP)」サービスがあります。

日産ディーラーの充電施設が使い放題、5年間分のメンテナンス(車検・点検)、オペレーターサービスによるナビ目的地設定、24時間365日レッカーサービスなど手厚いもの。

そして先日、「ZESP」の新プランが発表されました。上記のサービスに加えて、高速道路のSA/PA、コンビニエンスストア、道の駅などの日産が指定する全国の急速充電施設にある約4100基(日産販売会社を含む)での充電が使い放題となる新プラン「スタンダードプラン」を追加するというもの(従来のZESPは「ライトプラン」として継続)。

さらに、今年10月から2015年3月までは、最大6か月分の月会費が半額以下となるキャンペーンを実施。

これにより、今後リーフを買った新規オーナーとすでにZESPに加入している人が「スタンダードプラン」に加入すると、2014年10月~2015年3月迄の月会費が3000円(税抜)/月からライトプランと同額の 1429円(税抜)/月と半額になるお得なキャンペーンになっています。

ZESP会員になると、認証機能付きの充電カードが発行され、「スタンダードプラン」の充電カードなら1枚のカードで日産が指定する全国の充電施設を利用することが可能。リーフをはじめとした日産のEV普及に対する強い思いが感じられる新プランになっています。

ガソリン車よりも割高な車両価格や、航続可能距離が心配などEVのデメリットは、少なくても後者は充電関連の充実でかなり払拭されるはずです。

■日産がリーフ通勤の企業へ環境づくりをサポート
http://clicccar.com/2014/08/15/264715/ 

(塚田勝弘)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング