新型「Type R」の咆哮を聴きたいなら「R」ボタンを押せ!

clicccar / 2014年11月1日 19時3分

今年3月のジュネーブモーターショー14 でワールドプレミアされた「シビックType R」コンセプト。

10月のパリモーターショーでは鮮やかなブルーカラーにリペイントされたモデルが出展され、再び多くの注目を集めました。

 

ショーではスペックの一部が明かされ、搭載エンジンは新開発の2.0L VTECガソリンターボでレッドゾーンは7000rpmからの高回転型エンジンであることが判明。

新型では「+R」ボタンが追加され、エンジンやサスペンションの特性がサーキット向けにセットされたモードに切り替わるのが特徴となっています。

そして今回、新型「シビックType R」が6速MTを介して280ps以上となる最高出力を炸裂させて疾走する様子を収めたティーザー動画数点が10月30日に公開されました。

動画では「Type R」がサブリミナル的にノーマルモデルと交互に登場する短編物となっていますが、ホンダUKのWebサイトではさらに同車が発する官能的な咆哮をたっぷり堪能することができます。

その視聴方法がまた凝っていて、「Type R」ティーザーサイトにアクセス後、最下段にある「EXPERIENCE THE OTHER SIDE」右横の「GO」ボタンを押せば同社専用動画サイトへ飛びます。

http://www.honda.co.uk/cars/campaigns/2014/heist/?youtube=true

動画をスタートさせた後にキーボードの「R」ボタンを押すと画面が暗転、ノーマル映像の裏に隠された「Type R」編が出現する仕掛け。

「R」ボタンを押し続けることで同車が奏でる官能サウンドを聴くことができます。

欧州での発売は来年になるようですが、かつて日本でも英国モデルが輸入された実績が有るだけに、今回も国内販売される可能性が高そうです。

■ホンダ UK CIVIC Webサイト
http://www.honda.co.uk/cars/newcivic/

clicccar

トピックスRSS

ランキング