EV/PHEVの充電がもっと便利に! 「三菱自動車 電動車両サポート」を来年4月からスタート

clicccar / 2014年11月7日 6時3分

現在のEV、たとえば三菱i-MiEVは120km〜180km、日産リーフは228km、VWのe-up!は185km、e-Golfは215km。さらに高額のテスラ・モデルSなら386〜485kmの走行が可能と(いずれもJC08モード)、近距離、長距離用と二極化しつつあります。 

i-MiEVでも近所の買い物や送迎程度であれば不足はないはず。しかし、それでも冬場にヒーターを使えば航続可能距離はガクンと落ち込みますし、万一の「電欠」が頭をよぎることもEVのネックが価格面と航続可能距離にあるといわれる原因でしょう。

三菱自動車が今回発表したのは、「MiEV(ミーブ)」シリーズとプラグインハイブリッドの「アウトランダーPHEV」のオーナーに向けた、充電サービスなど各種サービスをパッケージにしたサポートプログラム。

「三菱自動車 電動車両サポート」と命名されたこのサポートプログラムは、2015年4月開始の予定で、今回「先行入会キャンペーン」を実施するとアナウンスされました。

三菱では、トヨタ、日産、ホンダの3社とともに、昨年から電動車両の普及に向けて、充電器の増加活動を推進しています。

今年5月には自動車メーカー4社と日本政策投資銀行を加えた5社共同で、充電インフラの整備促進と会員制充電サービスの提供を行う「日本充電サービス(以下、NCS)」を設立。

NCSネットワークの急速充電器は、2015年4月には 4000基以上となる見込みで、EV/PHEVユーザーにとっては非常に便利で、さらなるEV/PHEVの普及を加速させるアシストになるはず。

今回の先行入会キャンペーンでは、順次拡大していくNCSの充電ネットワークをお試ししてもらうべく、キャンペーン期間中はNCSネットワークの高速道路のSA/PA、コンビニエンスストア、道の駅、宿泊施設等に設置された全国の急速充電器および普通充電器が利用できる充電カードを月会費・充電料金が無料で使えるというお得なキャンペーンです。

先行入会の申込みは、11月20日から2015年2月28日までで、下記のウェブサイトで受付開始になっています。

■三菱自動車電動車両サポート
http://www.ev-life.com/charging/support.html

clicccar

トピックスRSS

ランキング