マイナーチェンジを受けた新型ポルシェ・カイエン/カイエンGTSの予約受注を開始

clicccar / 2014年11月10日 8時3分

ポルシェの成長を支えてきたカイエン。今回フェイスリフトを受けたカイエンですが、11月8日からベースモデルのカイエン、そしてカイエンGTSの予約受注を11月8日から開始すると発表しました。

なお、既報のとおり、カイエンS/カイエンS-Eハイブリッド/カイエン・ターボはすでに今夏から予約受注がスタートしています。

ベースモデルのカイエンには、最高出力300psを発生する3.6LのV6 NAエンジンを搭載し、0–100 km/h加速タイムは先代モデルより0.2秒速い7.7秒(スポーツクロノパッケージ装着車は7.6秒)で、最高速度はマイナーチェンジ前と同じく230km/hになっています。

燃費も向上していて、コースティング機能やオートスタート/ストップ機能、サーマル・マネージメントシステムなどにより100kmで0.7L低減し、9.2L/100kmとなり、これによりCO2排出量も21g/km低い215g/kmを達成。

装備面では、オートスタート/ストップ機能とコースティング機能を備える新しい8速ティプトロニックSに加え、パドルシフト付マルチファンクションスポーツステアリングホイール、オートマチックテールゲートなども用意。

3.6LのV6ツインターボエンジンを積むカイエンGTSは、カイエンSに搭載される新しいパワーユニットをパフォーマンス重視でチューニングされています。

燃費を向上させながらより高い性能を発揮し、V8 NAエンジンを搭載した先代モデルと比べると、最高出力は20ps向上し440ps、最大トルクも85Nm増強されて600Nmに達しながらも燃費は100kmあたり0.9L低減。

カイエンGTSの0–100 km/h加速タイムは5.2秒、スポーツクロノパッケージ装着車は5.1秒で、それぞれ先代よりも0.5秒そして0.6秒短縮。最高速度は262km/hに達します。

さらにカイエンGTSに標準の「ポルシェ・アクティブサスペンション・マネージメントシステム(PASM)」には、専用セッティングが施され、車高はカイエンSよりも24mm低く設定。

また、オプションのエアサスペンションを選択すると、カイエンSよりも車高は20mm低くなります。

さらに、カイエン・ターボから流用されたブレーキシステムも標準装備に含まれていて、フロント:390mm、リヤ:358mmのディスクにターボモデル特有のレッドに塗装されたブレーキキャリパーも印象的。

なお、すでに予約受注を開始した新型カイエンとカイエンGTSですが、ロサンゼルスモーターショーにて11月19日にワールドプレミアされます。

価格は、カイエンが859万909円(右ハンドルのみ)、カイエンGTSが1389万2727円(左/右)という設定です。

■新型ポルシェ「カイエン」ビッグマイナーチェンジでハイブリッドも設定
http://clicccar.com/2014/07/25/263147/

■ポルシェ「カイエン」画像ギャラリー ー 顔と後ろ姿と踏ん張り感を強調!
http://clicccar.com/2014/07/29/263260/

■新型ポルシェ「カイエンターボ」SUVの王者に君臨するか!?
http://clicccar.com/2014/07/25/263256/

■新型ポルシェ「カイエンS」ダウンサイジングでもパワー/トルク、燃費も向上
http://clicccar.com/2014/07/25/263252/

(塚田勝弘)

clicccar

トピックスRSS

ランキング