フォルクスワーゲン「クロスポロ」画像ギャラリー ─ 大人の雰囲気が漂う新色が魅力

clicccar / 2014年11月10日 16時33分

Bセグメントのお手本的存在のフォルクスワーゲン・ポロをベースに、SUV風味のエクステリアとオレンジなどポップな色合いの内・外装コーディネイトで人気のクロスポロ。

ベースのポロ、ブルーGTに続き、このクロスポロも日本流ではビッグマイナーチェンジといえる内容ですが、VW流にいえば「新型」に移行しました。

クロスポロのサイズは、全長4000×全幅1710×全高1490mm、ホイールベースは2470mm。

ポロTSIコンフォートラインは、全長3995×全幅1685×全高1460mmですからクロスポロ専用エクステリア(前後バンパー、ホイールハウスエクステンション、サイドスカート、シルバールーフレール)などが装着されるぶん少しだけ大きくなっていますが、日本の道路事情にも十分にマッチするサイズに収まっています。

ホイールベースはベース車のポロと同値で、最低地上高はポロTSIコンフォートラインの130mmに対して145mmと15mmだけ高くなっています。

新型クロスポロは、ボディカラーも見どころでオレンジは先代よりもシックな「ハニーオレンジメタリック」に変わり、新色の「チタニウムベージュメタリック」やベース車のポロでも人気の「フラッシュレッド」、「ディープブラックパールエフェクト」、「リフレックスシルバーメタリック」を用意。どの色も大人っぽい雰囲気にイメチェンしているのが印象的。

インテリアカラー(座面と背もたれの内側、ドアトリム)は、ベージュ、レッド、グレーの3色がありボディカラーにより組み合わせが異なります。

外装色によってコーディネイトされる内装色も異なりますから、新型クロスポロはボディカラー選びも悩みそうです。

■ VWクロスポロも新型にスイッチ。燃費も安全装備も大きく進化
http://clicccar.com/2014/11/07/277140/

(塚田勝弘)

clicccar

トピックスRSS

ランキング