ダイハツ「ウェイク」は遊びのプロの軽自動車! 全高1.835m、価格は135万円から

clicccar / 2014年11月10日 16時9分

かねてからのウワサ通り、ダイハツからスーパーハイトな新レジャー軽自動車が発表されました。

2013年の東京モーターショーで披露されたコンセプトカー「DECADECA(デカデカ)」の市販バージョンともいえるニューモデル『ウェイク』の登場です。

ワクワクした気持ちを呼び覚ますクルマという思い込めて名付けた『Wake(ウェイク)』という車名のニューモデルは、単なるスペースユーティリティビークルではなく、実際のシーンを想定して開発したウルトラスペース系レジャービークルとなっています。

すでに軽自動車といってもリヤシートをたためば広大なラゲッジスペースを生み出せる時代ですが、全高1835mm、室内高1455mmとしたことで四名乗車でも十分な荷室を確保。

ラゲッジ床下には90L相当のアンダートランクを備え、そこを利用すればゴルフバッグを縦積みすることも可能というほど。大人四人がゆったりと乗れ、さらにレジャー用品なども積み込めるという新提案をするモデルというわけです。

本格的な遊びのプロの意見を聞き、散々ダメ出ししてもらって作り上げたというウェイクです。そのダメだししてもらった遊びのプロも発表会では登壇し、そのこだわりの部分を説明していました。

車高は高くなっていますが、ルーフパネルの板厚最適化や外板の樹脂化などを進めることで軽量化と重心を下げているのもウェイクの特徴。前後のショックアブソーバーのサイズアップやウレタンバンプスプリングの採用などによりハンドリングも、スタイルから想像する不安感を払拭したものになっているといいます。

エンジンは3気筒のNA(自然吸気)エンジンとターボ。いずれもCVTを組み合わせています。とくにターボについては、トルクコンバーターのダンパー特性変更による静粛性を高めているといいます。

全車にアイドリングストップ機構を備え、NA・FF車の燃料消費率は25.4km/L。また、衝突被害軽減ブレーキなどをセットにしたスマートアシスト(SA)を幅広く設定するのに加え、全車にVSC&TRC、SRSサイドエアバッグ、エマージェンシーストップシグナルを標準装備。後席シートベルト締め忘れ警告灯をダイハツとして初めて装備するなど安全性にも配慮した設定となっています。

エコカー減税レベルはNA全車が取得税と重量税を免税、ターボ車は取得税80%・重量税75%の減税対象となっています。

●ダイハツ「 ウェイク」 メーカー希望小売価格(グレード名・エンジン・駆動方式・価格)

D NA FF 135万円
D”SA” NA FF 139万3200円
L NA FF 152万2800円
L NA 4WD 164万7000円
L”SA” NA FF 156万6000円
L”SA” NA 4WD 169万200円
X ターボ FF 162万円
X ターボ 4WD 174万4200円
X”SA” ターボ FF 166万3200円
X”SA” ターボ 4WD 178万7200円
G ターボ FF 170万6400円
G ターボ 4WD 183万600円
G”SA” ターボ FF 174万9600円
G”SA” ターボ 4WD 187万3800円

clicccar

トピックスRSS

ランキング