「新車が売れなかった」10月に最も売れたアクアでも前年比マイナス

clicccar / 2014年11月14日 8時3分

消費税増税の影響により新車だけでなく、中古車も若干ですが前年比マイナスとなっている自動車販売。

日本自動車販売協会連合会によると、それでも中古車販売は普通乗用車、小型乗用車ともに概ね前年比95%〜99%で推移しています。

新車の影響は大きく、既報のとおり前年比マイナスが7月から4か月連続で続いていて、10月の落ち込みは大きくなっています。

日本自動車販売協会連合会、全国軽自動車協会連合会によると、1位はトヨタ・アクアで1万8031台ですが前年比90.2%で10%近くダウン。

2位は1万6237台のダイハツ・タントで、前年同月比はフルモデルチェンジのタイミングの影響で282.7%と大きく伸ばしているように見えますが、前月比は79.0%と21.0%も下げています。

1位:トヨタ・アクア1万8031台(前年同月比90.2%)
2位:ダイハツ・タント1万6237台(282.7%)
3位:ホンダN-BOX1万3988台(79.5%)
4位:ホンダ・フィット1万3506台(58.0%)
5位:トヨタ・プリウス1万3183台(63.1%)
6位:スズキ・ワゴンR1万1900台(101.3%)
7位:トヨタ・ヴォクシー1万735台(327.5%)
8位:スズキ・ハスラー(新車のため前年同月比なし)
9位:ホンダN-WGN9388台(同上)
10位:ダイハツ・ミラ9167台(67.9%)

こうみるとアクアの堅調ぶりが目を惹きますが、それでもマイナスで、タントは前月比では大きくマイナス。

さらに、リコール問題が響いているホンダ・フィットは42%ものダウンになっていて、「S-エネチャージ」を投入したワゴンRはかろうじて前年同月比でプラスになっています。

■「消費税10%増税+環境性能課税」になったら日本の新車販売はどうなる?
http://clicccar.com/2014/11/07/277070/

■アクアが6か月連続トップ。2014年10月登録車セールスランキング
http://clicccar.com/2014/11/11/277355/

■2014年10月の新車販売も失速傾向。特に軽自動車は大きくダウン
http://clicccar.com/2014/11/06/276715/

■消費税増税の影響は確実! 新車販売は2年ぶりに500万台割れか!?
http://clicccar.com/2014/10/31/275493/

(塚田勝弘)

clicccar

トピックスRSS

ランキング