ホンダ「グレイス」画像ギャラリー ─ 実質フィットを超えた燃費性能

clicccar / 2014年12月1日 19時10分

フィットやヴェゼルといったホンダのコンパクトカーに新しい仲間の登場です。

新型車「グレイス」は、フィット同様のセンタータンクレイアウトのプラットフォームに、1.5リッター・アトキンソンサイクルエンジンとモーター内蔵7速DCTのコンビネーションによるスポーツハイブリッドi-DCDのパワートレインを持つ、5ナンバーサイズ(小型車枠)のコンパクトセダンです。

グレード構成は、ハイブリッドDX、ハイブリッドLX、ハイブリッドEXの3つ。それぞれFFと4WDが設定されています。

気になる燃費性能は、FFが34.4km/L、4WDが29.4km/L(いずれもJC08モード)。4WDは市販のハイブリッド車としてトップ。FFについてもフィットの標準的なグレードを上回る燃費性能としています。

その理由のひとつは空力性能にあります。フィットに対してボディ全長が伸びたことで空力的に有利になっているのはもちろん、床下をしっかりとカバーするなどエアロダイナミクスの追求は、このクラスの市販車としてはかなり力が入っているといえそうです。実際、FF車の下回りを後ろから覗けば、まるでディフューザーのようなアンダーカバーがついていることが確認できます。

メーカー希望小売価格は、次のようになっています(消費税8%込)。

ハイブリッドDX FF 1,950,000円
ハイブリッドDX 4WD 2,144,400円

ハイブリッドLX FF 2,040,000円
ハイブリッドLX 4WD 2,293,800円

ハイブリッドEX FF 2,210,000円
ハイブリッドEX 4WD 2,409,800円

助手席回転シート車 FF 2,122,000円
助手席回転シート車 4WD 2,316,600円

4WDシステムは、軽量・シンプルなビスカスカップリング式。上級グレードのハイブリッドEXにはパドルシフトも備わります。

●グレイス ハイブリッド LX(FF)主要スペック
車両型式:DAA-GM4
全長:4440mm
全幅:1695mm
全高:1475mm
ホイールベース:2600mm
車両重量:1180kg
最低地上高:135mm
エンジン型式:LEB
エンジン形式:直列4気筒DOHCアトキンソンサイクル
総排気量:1496cc
 最高出力:81kW(110PS)/6000rpm
 最大トルク:134Nm(13.7kg-m)/5000rpm
モーター型式:H1
モーター形式:交流同期電動機
 最高出力:22kW(29.5PS)/1313-2000rpm
 最大トルク:160Nm(16.3kg-m)/0-1313rpm
動力用電池:リチウムイオン電池
燃料消費率:34.4km/L(JC08モード)
タイヤサイズ:185/60R15

clicccar

トピックスRSS

ランキング