デミオが4位に急上昇!ヴォクシー、ランクダウンの理由は?11月のセールスランキング

clicccar / 2014年12月8日 8時3分

2014年11月の登録車(軽自動車を除く)の通称名別販売ランキングが、自販連(一般社団法人・日本自動車販売協会連合会)より発表されました。

トップは7か月連続となるトヨタのハイブリッドコンパクトカー「アクア」ですが、前月と比べて3位以下のランキングが大きく動いた11月となっています。

はたして、いよいよディーゼルエンジン車のデリバリーが本格化したマツダ・デミオの順位は?

●2014年11月 登録車乗用車セールスランキング(海外ブランド除く)
1位 トヨタ アクア 16,520台 
2位 トヨタ プリウス 13,022台

3位 ホンダ フィット 11,027台
4位 マツダ デミオ 8,890台

5位 トヨタ カローラ 8,197台
6位 日産 ノート 7,555台
7位 トヨタ ハリアー 6,741台
8位 トヨタ ヴォクシー 6,628台

9位 トヨタ ヴィッツ 6,426台
10位 ホンダ ヴェゼル 6,157台


なんと先月10位だったデミオが4位に急上昇。販売台数でいっても、10月の6,102台から8,890台へと大幅に増やしています。

一方、トップ3では前月2位のフィットがプリウスと入れ替わるカタチとなっています。

さらに注目したいのはトヨタの5ナンバーサイズ・ミニバンモデルの動向です。7月~10月まで不動の4位となっていたヴォクシーが8位へ後退、ノアはトップ10圏外の12位となっています。

もちろん、こうした変化はトヨタ自身が「エスクァイア」を出したからにほかなりません。

10月29日に発売されたばかりのエスクァイアは5,316台を登録して、いきなりランキング11位に登場。

トヨタでミニバンを購入するユーザーが分散したことで、ヴォクシーやノアのランキングが動いたといえそうです。

ちなみに10月のセールスはヴォクシーが10,735台、ノアが6,550台で、合計17,285台でした。11月はヴォクシー6,628台、エスクワイヤ5,316台、ノア4,845台で、合計16,789台。このままカニバリゼーションが続くのか、マーケットの拡大につながるのか、気になる3兄弟の動向です。

clicccar

トピックスRSS

ランキング