ワゴンRがトップ! 注目の新車は?2014年11月軽自動車セールスランキング

clicccar / 2014年12月8日 6時3分

一般社団法人・全国軽自動車協会連合会より、2014年11月の軽自動車セールスランキングが発表されました。

なんと、トップに立ったのはスズキ・ワゴンR。2013年12月から2014年10月までトップを守ってきたダイハツ・タントから奪還です。ワゴンR自身としては2013年3月以来となるセールスランキング1位となります。

●2014年11月 軽自動車通称名別セールスランキング
1位 スズキ ワゴンR 16,199台
2位 ダイハツ タント 15,876台
3位 ホンダ N-BOX 13,141台
4位 ダイハツ ミラ 10,606台
5位 日産 デイズ 9,652台
6位 スズキ スペーシア 9,546台
7位 ホンダ N-WGN 8,656台
8位 スズキ ハスラー 8,396台
9位 ダイハツ ムーヴ 8,078台
10位 ダイハツ ウェイク 7,256台

前年同月比で136.1%と伸びたことがワゴンRのトップ奪還につながったわけですが、11月10日にダイハツが生み出した新ジャンル軽自動車「ウェイク」がランキングに影響を与えたことも無視できません。

いきなりランキング10位に飛び込んできたウェイク。タントの販売実績は前月比で97.8%となっていますが、前年同月比では82.5%。ウェイクが事前広告をしていたことも含めて、まったく影響がなかったとはいえないでしょう。

12月22日に、新しい軽自動車が登場することもアナウンスされていますが、もっともっと刺激的な軽自動車マーケットとなりそうです。

clicccar

トピックスRSS

ランキング