レガシィ・アウトバック/B4がJNCAP「先進安全車プラス(ASV+)」に!

clicccar / 2014年12月9日 8時3分

2014年度からスタートしたJNCAPの「予防安全性能アセスメント」は、「衝突被害軽減ブレーキ」と「車線逸脱防止支援」の両システムがテストされるもの。しかし、その中身はよく分からないという方もいるのではないでしょうか?

「衝突被害軽減ブレーキ」は、テスト車を10 ~ 60km/h で模擬車両(ターゲット)の後方から接近させ、被害軽減ブレーキの作動を試験。ターゲットが止まった状態での試験と、20km/h で走行している場合の2種類があります。

なお、警報またはブレーキの作動により衝突を回避した場合、あるいは衝突した場合でも、衝突前にどの位速度が低下していたかに応じて得点が与えられるようになっています。

「車線はみ出し警報」は、テスト車を60km/hまたは70km/hで走らせ、道路の白線からはみ出した際に「警報を発するか、しないか」をテスト。警報を開始した速度の低い方が高い得点を付加。

両システムともに評価点は、合計が2点以上の場合には「先進安全車(ASV)」として認定。さらに、12 点以上になると「先進安全車プラス(ASV+)」として認定されます。

「予防安全性能アセスメント」の説明が長くなりましたが、今回、スバルの「アイサイト」を搭載するレガシィアウトバック/B4が評価点満点で「先進安全車プラス(ASV+)」に認定されました。

評価点は 40 点満点で、日本の事故実態を踏まえて死亡・重傷事故が少なく出来る効果に応じて配点され、レガシィ・アウトバック/B4 は 40 点満点で「ASV+」を獲得。

なお、スバル車の「ASV+」への選定は、今年 10 月に公表されたレヴォーグ(40 点)、フォレスター(39.9 点)、スバルXVハイブリッド(39.3 点)に続いてで、これまで試験されたすべての車種で「ASV+」に選定されています。

■スバル・アウトバックが「ユーロNCAP」で最高評価の「ファイブスター」を獲得!
http://clicccar.com/2014/12/07/281305/

■アメリカIIHSが「ぶつからないテスト」結果を公開【動画】
http://clicccar.com/2014/06/11/258064/

■スバル・レガシィとアウトバックが北米で安全性の最高評価を獲得【動画】
http://clicccar.com/2014/08/25/265173/

(塚田勝弘)

clicccar

トピックスRSS

ランキング