2014年の「インポート・カー・オブ・ザ・イヤー」に輝いた気になる走りは?

clicccar / 2014年12月17日 11時33分

イヤーカーはマツダ・デミオに譲ったものの、「インポート・カー・オブ・ザ・イヤー」を獲得したCクラス。

ここでは私見で恐縮ですが、今年印象に残ったモデルの一台であるメルセデス・ベンツCクラスの走りなどについてお届けしたいと思います。

もうすでに街中で見かけることが多く、ステーションワゴンも登場していますが、まずはセダンから。

デミオも今年の新型車を代表するモデルなのは間違いないですが、数日間Cクラス(C180アバンギャルド)乗っていると、「よくまぁ、このCクラスを抑えてデミオがCOTYを獲得できたものだ」という感想を抱くほど、Cクラスの完成度の高さには唸らされました。

最近のメルセデス・ベンツは、Aクラス、Bクラス、CLAともに出初めのモデルは、乗り心地が硬めというか、らしからぬほど「荒め」で、昔からメルセデスを乗り継いでいる人の評価が心配になってしまうほど。

その後、上記のコンパクトモデルは乗り味が改善されているようで、私もその後、改善後モデルの試乗の機会のあったCLAクラス、SUV系モデルのGLAクラスでは十分に確認できました。

現行Cクラスは、全長4690×全幅1810×全高1445mmで、決してコンパクトではなく、全幅の制約から立体駐車場に入庫できないケースも出てくるのは気になるところ。3シリーズの日本向けは1800mmに抑えているのでなおさら。

前置きが長くなりましたが、現行Cクラスでまず感心させられるのが、ダイレクト感のあるハンドリングで、メルセデス・ベンツが最近呪文のように唱えているアジリティ(俊敏性)は十分に実現されています。

それでいながら、直進安定性などメルセデスらしい美点はしっかりと受け継がれていますし、BMWのようなやや人工甘味料の味わいが濃いクイックな特性ではなく、自然なフィーリングなのが美点。

フットワークを重視すると直進性が損なわれがちで、乗り心地も硬めになるモデルが多い中、デビューした当初のAクラスやBクラスとは違った快適な乗り味なのも十分に納得できるところです。

静粛性に関しては、レクサスISやレクサスRCのハイブリッドモデルほどではないかな、と思いますが十分に静かで上質さを味わえます。

■「2014-2015日本カー・オブ・ザ・イヤー」をマツダ・デミオが獲得したワケは?
http://clicccar.com/2014/10/13/273039/

■待望のCクラスステーションワゴンが日本デビュー!
http://clicccar.com/2014/10/01/271170/

■メルセデス・ベンツ「新型Cクラス」画像ギャラリー ─ 上質さは増したが全幅に注意
http://clicccar.com/2014/07/17/261651/

(塚田勝弘)

clicccar

トピックスRSS

ランキング