第2世代のミニバン専用低燃費タイヤ「エナセーブRV504」が登場

clicccar / 2014年12月18日 16時33分

ダンロップの「エナセーブRV504」が2015年2月から発売されます。ミニバン専用タイヤであり、低燃費とロングライフを実現した「エナセーブ」の第2世代で、発売サイズは全42タイプを用意。

「エナセーブ RV504」は、住友ゴム工業独自の新材料開発技術「4D NANO DESIGN」(フォーディナノデザイン)により開発された「新シリカ用変性ポリマー」を採用することで、ウエット性能を確保しつつ不要な発熱を抑制。従来の「エナセーブRV503」よりも転がり抵抗を13%低減させているそうです。

ラベリング制度では、転がり抵抗性能「AA」、ウエットグリップ性能「b」を達成しています(一部サイズは「c」)。

また、トレッド部の「剛性分布の最適化」を図り、耐摩耗性能を8%、耐偏摩耗性能を「エナセーブRV503」よりも33%向上させることで、ロングライフを実現しているのもトピックス。

高剛性構造と新パターン採用により、ミニバン特有のふらつきを低減して操縦安定性能をこちらも従来品よりも8%向上させることで、快適な乗り心地を得ているとのこと。

燃費性能、操縦安定性、ロングライフ化を図ったダンロップの「エナセーブRV504」。ミニバンにお乗りでタイヤ交換が近づいている方は選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

■ダンロップの新エナセーブEC203はロングライフと「女性デザイン」が特徴!
http://clicccar.com/2013/12/02/239277/

(塚田勝弘)

clicccar

トピックスRSS

ランキング