トヨタがシリコンバレーでクルマのアプリ開発イベント開催!

clicccar / 2014年12月19日 6時3分

米カリフォルニア州シリコンバレーでトヨタ自動車が12月6日と7日の2日間に渡り、シリコンバレーの起業家やベンチャー企業、IT企業のプログラマーなど20チーム以上が参加する自動車向けアプリ開発イベント「Onramp Challenge」を開催。

各チームが賞金獲得を目指して「安全運転」「運転の楽しさ」「エコ運転」をテーマに制限時間の24時間以内でスマホやウェブ向けのアプリ開発を競いました。

優勝したのはカメラを搭載したドローンで走行車両を自動追従・撮影、空中からの走行映像を楽しめるアプリを開発したチーム「Eye in the Sky」で賞金1万ドルをゲット。

トヨタの犬塚常務役員は「若い世代にクルマをアピールするのに、最先端のIT知能が集まるシリコンバレーでイベントを開催するのが自然と考えた」とコメント。

また当イベントではサイオン「FR-S」6台を用意、Bluetoothを使ってサーキット走行時のCANデータをリアルタイムにスマートフォンに転送する通信仕様の車両とアプリ連携プラットフォーム「VDV」(Vehicle Data Visualizer)を初公開、参加者に体験してもらったそうです。

 

一方、日本でも同時進行する形で「クルマをITデバイスとして捉え新たな価値を創造せよ」をテーマにトヨタ自動車やリクルートホールディングスなどの協賛によりコンペティション、「Motors Hack Weekend 」が開催されました。

世の中のあらゆる物がインターネットで繋がる「IoT」時代へと移行しつつある中、全国から若者達が集結、賞金獲得を目指して独創的な新事業アイデアを競い合いました。


 

最優秀賞獲得チームは1月9日から開催される東京オートサロン2015でプレゼンテーション&表彰式に出場する予定になっています。

こうした企業と若者のコラボによるイベントでは双方が刺激を受けるだけで無く、新たなビジネス発掘に繋がる可能性が有ることから、今後も開催される機会が増える傾向にあるようです。

■Onramp Challenge
http://www.toyota-global.com/innovation/smart_mobility_society/news_and_events/onramp_2014/

■Motors Hack Weekend Webサイト
http://motorshack.jp/

clicccar

トピックスRSS

ランキング