スズキ・アルトにターボが待機、発売予定は2015年3月!

clicccar / 2014年12月26日 11時33分

2014年12月22日に発表された、スズキ・アルト。8代目となった新型アルトも、軽自動車らしいベーシックカーという初代からのキャラクターと、先代モデルのアルトエコが実現したガソリンエンジン車トップの燃費性能という現代的な価値を高めたモデルとなっています。

しかし、かつてのアルトには、そうした価値観とは異なるベクトルの提案がありました。

アルトの歴史を紐解くと、2代目モデルにおいて、「ツインカム」や「ターボ」を登場させた後に、ツインカムターボを搭載した「ワークス」をデビューさせています。軽量でシンプルなボディにハイパワーエンジンというホットな軽自動車でした。

そして、今度の新しいアルトには、2015年3月頃に「ターボRS」というスポーティグレードが追加設定されることが明らかとなっています。

アルト・ワークスは、その後5代目アルトまで存在していたスポーティグレードですが、6代目アルトで消滅。およそ10年ぶりにスポーティグレードがアルトに復活することになります。

5ドアボディの各部に装飾が加えられた「アルト ターボRS」。

詳細は不明ですが、発表会にて展示されたボードを見る限り、マニュアルモード付2ペダルミッションを搭載する模様。さらに3ペダルの5速MTを期待する声も聞こえてきます。

「アルトいいな」を実現した初代モデルの開発テーマ同様に、 ターボRSにも「アルトいいな」の実現は期待できるのでしょうか。

clicccar

トピックスRSS

ランキング