VWゴルフに買い得感満点の特別仕様車「Comfortline Premium Edition」を設定

clicccar / 2014年12月26日 6時3分

Cセグメントのハッチバックで「何がオススメ?」と聞かれたらフォルクスワーゲン・ゴルフとまずは答えます。

そこからさらに「どんなタイプが好きか?」と聞いていけば、違う車種も上がると思いますが、価格を含めた群を抜くトータル性能を考えると、ゴルフははずせない選択肢。

2015年の初売りに合わせて1月3日から発売される特別仕様車「ゴルフTSI Comfortline Premium Edition」が発表されました。

現行ゴルフ(ハッチバック)は、すでに累計販売台数が3万5000台を超えたそうで、Cセグメントのベンチマークとして確固たる地位を日本でも築いています。

今回設定された「VWゴルフTSI Comfortline Premium Edition」では、ワゴン(ヴァリアント)と同じように、上級グレードの「Highline(ハイライン)」だけに有償オプションとして設定されているボディカラー「オリックスホワイト マザーオブパールエフェクト」が選択可能で、さらに特別装備が用意されています。

純正ナビのVW純正インフォテイメントシステムの「 Discover Pro(DSRC:ITSスポット対応システム車載器+ETC機能付)」、バイキセノンヘッドライト(オートハイトコントロール/ヘッドライトウォッシャー付)を装備。

さらに、スマートエントリー&スタートシステムの「Keyless Access」は、「Comfortline」には通常未設定で、「Highline」のみに標準装備されているアイテム。また、専用16 インチアルミホイール+205/55R16タイヤを装着し、価格は303万円。カタログモデルのゴルフTSI Comfortlineは、279万9000円ですから約23万円高という設定です。

■初売りでゴルフ・ヴァリアントを買うなら「Comfortline Premium Edition」で決まり!
http://clicccar.com/2014/12/24/284001/

(塚田勝弘)

clicccar

トピックスRSS

ランキング