ダイハツ・コペンにアルティメットエディション復活? 新グレード「ローブS」の価格は200万円超

clicccar / 2014年12月26日 19時3分

先代のダイハツ・コペンにはBBSホイールやビルシュタインサスペンション、レカロシートなどを装備したスペシャルモデルとして『アルティメット エディション』が存在、高価ながら人気を集めていました。

2014年6月のデビューから半年、新しいコペン・ローブに、その『アルティメット エディション』の再来といえる新グレードが生まれました。

それが新登場の「コペン ローブ S」、メーカー希望小売価格はCVTで199万8000円、5MTでは201万9600円となっています。

 

 ハンドリングなどのパフォーマンス性、内装のラグジュアリー感などトータルにプレミアムコンパクトオープンカーとしての魅力を高める「コペン ローブ S」の特別装備は次のようになっています。

スエード調生地のレカロシート(ベージュ、ブラックの2色を設定)
MOMO製革巻きステアリングホイール
ビルシュタイン製ショックアブソーバー(リヤオーナメント付)
マルチリフレクターハロゲンフォグランプ
メッキ加飾(ドアインナーハンドル、サイドブレーキボタン、エアコンレジスターノブ)
 パドルシフト(CVT車のみ)
BBS製16インチホイール(メーカーオプション)

ダイハツの軽自動車として初めてパドルシフトを装備したという「ローブS」。BBSのホイールをオプション設定にすることで、ホイールで個性をアピールしたいユーザーの選択肢を広げたカタチになっています。

(山本晋也)

clicccar

トピックスRSS

ランキング