フォード「新型マスタング」画像ギャラリー ─ 史上最大の変革を遂げたアメリカン・マッスル

clicccar / 2015年1月6日 16時33分

プラットフォームやボディ、シャーシの一新、パワートレーンのダウンサイジングなど大変革を遂げた新型マスタングは、見た目も大きく変わっていますが、それでもひと目でマスタングと分かるデザインになっています。

シャークノーズと呼ばれるフロントマスクは写真で見ると現行型よりもモダンにも見えますが、実車で見ると迫力は満点です。

マスタング「お約束」の逆スラントのフロントマスクでとくに印象的なのは、まさにシャークの目を彷彿とさせるヘッドライトのデザイン。

サイドビューでは、Bピラーをクォーターウインドウが覆うデザインにすることで流れるような印象をもたらすとともに、真横を水平に貫くキャラクターラインが躍動感を生んでいます。

ボディサイズは全長4790×全幅1920×全高1380mmで、現行型の全長4815×全幅1880×全高1415mmよりも25mm短く、35mm低くなっていますが、全幅は40mmも拡幅し、「ロー&ワイド」をさらに強調。

さらに、ウインカーと一体式になった電動格納式ドアミラーには、「ギャロッピングホース」も模したプロジェクションランプが内蔵され、アプローチランプとして足元を照らす演出も用意されています。

リヤはお馴染みの3連リヤコンビランプがアイキャッチになっていますが、LED化され現代的な雰囲気を漂わせ、「ギャロッピングホース」のエンブレムやディフューザーもスポーティ。

350台限定で導入される「MUSTANG 50 YEARS EDITION」のボディカラーは、レースレッド、ディープインパクトブルーMe、マグネティックMe、ブラック、オックスフォードホワイト、コンペティションオレンジ(限定生産色)、トリプルイエロー(限定生産色)の7色展開です。

clicccar

トピックスRSS

ランキング