2015年3月の軽自動車セールスランキング、スーパーハイトがトップ争い

clicccar / 2015年4月10日 8時3分

全軽自協(一般社団法人・全国軽自動車協会連合会)から、2015年3月の通称名別軽自動車セールス速報が発表されました。販売の伸びる年度末、果たしてランキングに動きはあったのでしょうか。

トップは先月、先々月に続いてホンダ N-BOX。全高1800mm級スーパーハイト系となる基本モデルだけでなく、チョップトップの贅沢なモデルN-BOXスラッシュの追加も合わせて、安定した人気。2015年3月の販売台数30,633台は、登録車トップのトヨタ・アクアの30,414台を上回り、同月における、もっとも売れた新車となっています。

●2015年3月 軽四輪車通称名販売ランキング

1位 ホンダ N-BOX 30,633台
2位 ダイハツ タント 26,297台
3位 日産 デイズ 23,551台
4位 ダイハツ ムーヴ 19,583台
5位 ホンダ N-WGN 17,536台
6位 スズキ アルト 15,788台
7位 スズキ ワゴンR 14,631台
8位 ダイハツ ミラ 13,863台
9位 スズキ ハスラー 12,377台
10位 スズキ スペーシア 10,738台

2015年4月以降、軽自動車税が増税になるということで駆け込み需要も見込まれた軽自動車ですが、軽自動車全体としては前年同月比91.7%と、前年の消費税増税前の駆け込み需要ほどの影響はなかった模様です。

ランキングとしては前月2位だったデイズと3位だったタントが入れ替わり、またスズキの最多販売モデルがワゴンRからアルトになっているのが目立つところ。

なお、トップ10内で前年同月比100%を超えているのは、N-BOX(115.0%)、ムーヴ(103.0%)、アルト(144.7%)、ハスラー(173.1%)の4モデル。魅力的な新車投入が消費税増税へのカウンターになるといえそうです。

また、ホンダからS660も登場して軽自動車にスポーツという追い風がが吹いている状況で、ターボRSを追加したアルトの人気が高まるようであれば、市場全体のトレンドに変化が見えてくるかもしれません。 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング