フォルクスワーゲン「up!」が最良の燃費と低価格を実現

clicccar / 2015年6月11日 15時55分

2012年10月の発売以来、国内累計2.7万台をセールスしたという、フォルクスワーゲンのベーシックモデル「up!(アップ!)」が大きく進化しました。

とはいえ、同時に発表された全国統一の販売店女性スタッフユニフォームと並んだ姿では、どこが変わったのかわかりづらいかもしれません。

今回のマイナーチェンジにおけるポイントは中身の進化なのです。

ポイントとなるのは燃費性能。ブルーモーション・テクノロジー(アイドリングストップ機構・エネルギー回生システム)を新採用することで、JC08モード燃費を25.9km/Lと従来モデルに対して12%も改善しています。

なお、この数値は、フォルクスワーゲンの正規輸入モデルとしては過去最良となるということです。

それでいてお値段は据え置きか値下げというから、まさに魅力アップ!なマイナーチェンジというわけです。

いずれも999cc3気筒エンジンに5速AMTを組み合わせた、フロント駆動で、グレード構成は従来通り、ムーヴアップ!に2ドアと4ドアを用意、フォグランプなどを装備する上級グレードのハイアップ!は4ドアのみのラインナップとなります。

メーカー希望小売価格は、ムーヴアップ!が154万8000円(2ドア)/175万6000円(4ドア)。ハイアップ!は189万円と、従来より4万2000円ダウンとなりました。

なお、ハイアップ!には電動パノラマスライディングルーフが12万9600円でオプション設定されています。

ボディカラーは、新色としてブルベリーメタリック、ホットオレンジメタリックを追加。キャンディホワイト、トルネードレッド、ディープブラックパールエフェクト、リフレックスシルバーメタリック、コーンフラワーブルーと合わせて7色の設定となっています。

ムーヴアップ!がタイヤサイズを165幅から175幅へワイド化している点も見逃せません。

●ムーヴアップ!(4ドア)主要スペック
車両型式:DBA-AACHY
全長:3545mm
全幅:1650mm
全高:1495mm
ホイールベース:2420mm
エンジン形式:直列3気筒DOHC
総排気量:999cc
最高出力:55kW(75PS)/6200rpm
最大トルク:95Nm(9.7kg-m)/3000-4300rpm
燃料消費率:25.9km/L(JC08モード)
タイヤサイズ:175/65R14 

(写真:小林和久 文:山本晋也)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング