「女子力」ラパンのインテリアは「わたしの部屋」がキーワード

clicccar / 2015年6月18日 8時3分

 スズキのベーシック軽自動車「アルト」の派生モデルとして誕生したラパン。2002年1月発売の初代、2008年11月発売の2代目、そして2015年6月にデビューしたばかりの3代目と代を追うごとに女子力を高めています。

実際、累計64万台を超えるラパン・ユーザーの9割以上は女性で、しかも20代が35%以上を占めるといいます。

まさしく「女子力」に支えられてきているのがラパンというわけです。

新しくなったラパンのコンセプトは『女性がクルマの購入を考えるとき、まっさきに思い浮かべてもらえるクルマ』。 

そのために、ディテールから基本骨格まで、あらゆるところで「女性のこだわり」を実現しています。

ゆったりとしたベンチシートに腰を下ろすと、まずは広いガラスエリアと存在感を抑えたピラーによる圧迫感のない視界が広がっています。 これぞ、女子力インテリアの基本骨格を示す風景。また上級グレードにはプレミアムUV&IRカットガラスを採用、日焼けや暑さ対策も万全です。

シンプルなスピードメーターの下には液晶モニターが備わりますが、その情報は軽自動車初となる音声機能によっても伝わるのも女子力ポイント。たとえば「ドアが開いています」などと音声で教えてもらうことで、うっかりをサポートしてくれるのです。

インテリアでは小物入れなどのユーティリティスペースにラパンの女子力を感じます。

助手席前のグローブボックス上に引き出しタイプのユーティリティスペースが設けられているのは、まさに「女子のお部屋」といった雰囲気。アームレスト部分もフタ付きの小物入れとなっていて、女子の秘密を守ります。

運転席のドリンクホルダーは、500ml紙パックに対応したスクエア型。同じ容量であればペットボトル飲料よりもリーズナブルということを意識した、女子のお財布にやさしい仕様です。

経済性といえば、先代モデルに対して37%も燃費性能を向上させている点も見逃せません。さらに衝突被害軽減ブレーキなど先進安全技術「レーダーブレーキサポート」を全車標準装備することで、高い安全性を実現しているのも女子視点ではポイントです。

このように、内外装だけでなくハードウェアのすべてで女子力を高めているのが3代目ラパンなのです。

●スズキ・アルトラパンX(2WD)主要スペック
車両型式:DBA-HE33S
全長:3395mm
全幅:1475mm
全高:1525mm
ホイールベース:2460mm
車両重量:680kg
乗車定員:4名
エンジン型式:R06A(エネチャージ装備)
エンジン形式:直列3気筒DOHC
総排気量:658cc
最高出力:38kW(52PS)/6500rpm
最大トルク:63Nm(6.4kg-m)/4000rpm
変速装置:CVT
燃料消費率:35.6km/L (JC08モード)
タイヤサイズ:155/65R14 75S 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング