「乗り捨て可能」なEVカーシェアリングが神戸市でスタート!

clicccar / 2015年8月26日 16時33分

公共交通機関の補完を目的とした乗り捨て利用が可能なワンウェイ型のカーシェアリング「sea:mo」の実証実検が8月22日から神戸市でスタートしました。

環境省の施策「CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業」の採択を受けて、日本ユニシス、ユビテック、三菱重工業、六甲産業の4社のコラボレーションにより実現したもの。

日本ユニシスがシェアリングシステムを、ユビテックが車載機を、三菱重工業が車両需要予測システムをそれぞれ開発、六甲産業がシェアリング会員の募集や車両管理、運営を担当しています。

三菱自動車の「i-MiEV」5台、トヨタ車体の「COMS」5台、日産「ニューモビリティコンセプト(11月~)」10台の計20台が利用可能。

一般的な乗り捨て方式のカーシェアリングの場合、車両が特定の貸し出しポートに偏ってしまいがちで、サービス運用面で課題を抱えていました。

そこで今回、車両需給予測システムを使って各貸出ポートの状況から車両の偏りを事前に予測することで効率的なカーシェアリングの運用を実現。

利用方法は、会員登録を済ませたらスマートフォンなどから専用サイトにアクセス、車両と乗り捨てるポートを予約。

会員証か登録済みのICカードを車両のカードリーダーにかざすことで解錠/施錠が行える仕組みになっています。

入会金、年会費1,000円、利用料金は車種によって異なり、15分あたり250~350円。
(実証実験期間は入会金、および30分間の利用料無料)

カーシェアリング貸出ポートは、神戸ハーバーランドやメリケンパークなど9か所に設置され、最終的には20か所に拡大する予定。

港町横浜市に続いて神戸市でも始まった今回のカーシェアリング実証実検は、来年3月末までに渡って実施されます。

また一つ、市内の移動や見どころの散策に便利な交通手段が増えました。

<会員登録>

・PC/スマホから
https://carshare.smartoasis.jp/seamo/members/regist_info

・現地受付窓口(受付時間:9:00~18:00)

神戸ハーバーランド umieモザイク
元町通り5丁目ステーション(2015年9月1日~)
生田川雲井通りステーション(2015年9月1日~)

<カーシェアリング貸出ポート>

神戸ハーバーランドumieモザイク
北野会館
かもめりあ駐車場
メリケンパーク西側駐車場
KIITO(デザイン・クリエイティブセンター神戸)
神戸駅北側駐車場
元町通5丁目ステーション
北野通りポート
生田川雲井通ステーション

<利用受付>
https://carshare.smartoasis.jp/seamo/

■sea:mo
http://sea-mo.com/

■神戸市 Webサイト
http://www.city.kobe.lg.jp/information/press/2015/08/20150818161301.html

■日本ユニシス
https://www.unisys.co.jp/news/nr_150818_smartoasis.html

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング