【Audi A3 Sportback e-tron試乗】アウディから日本初上陸のPHV、価格564万円の価値はどこにある?

clicccar / 2015年10月7日 15時0分

先日、フォルクスワーゲン・ゴルフGTE、BMW X5と輸入ブランドからプラグインハイブリッド車(PHV)の日本導入が発表されたばかりですが、本日10月7日、アウディから日本初お披露目となるPHV、Audi A3 Sportback e-tronが発表されました。

 

世界中で省燃費、環境への対策が問題になっていく中、パワーユニットとして渦中のディーゼルも必要なパワーユニットですが、PHVも重要な役割を締める一つだと目されています。

ディーゼル問題について、アウディジャパン広報部長の丸田氏は「ディーゼルエンジンに関する報道で、先週発表させていただいていますが、問題の車両の正規輸入はないので、日本のお客さんには該当しません。ですが、海外ではアウディは該当していますので、多大なご心配をおかけしている点については申し訳ないです。グループとして原因を究明して、お客様の信頼を失うことないようにしていきたいと思います」と述べました。

さて、アウディA3 Sportback e-tronはEVモードで52.8km走行が可能であり、JC08モードでリッター23.3kmとなっています。8.7kWhのバッテリーを満充電するのに200Vで約3時間、100Vで約9時間かかります。

0-100km加速が7.6秒、EV最高速度130km/hとこの辺はゴルフGTEとほぼ同じです。

価格は564万円、最大で61万円の補助金(クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費)を受けることができ、エコカー減税も適用されます。アウディのラインアップの中では高価と言える価格帯ではありませんが、ゴルフと同じくらいのコンパクトなサイズからしては、安くはありません。では、その価格に対する価値はどこにあるでしょう?

アウディA3 e-tronは「プラグイン」とは言え、ハイブリッドです。簡単に言えば、バッテリーを大きめにしたハイブリッド車です。イチバンの違いは、外部から充電でき、電気だけで走行できるモードで走れる距離が長いのがメリットと言えます。

しかし、アウディと同じグループでプラグインハイブリッドとしての構成パーツの多くをA3 e-tronと共通するゴルフGTEでは、それに加えゴルフのスポーティモデルGTIの走りに負けないのに加え、さらに別に走りの楽しさを提供している、というのが「ウリ」であり付加価値を高めた価格設定にあります。

アウディブランドではどうなっているのか、乗って確かめることとしました。

PHVは、日常の比較的短い距離では電気で、遠出をするときはガソリンエンジンとモーターによるハイブリッドで走るのが基本です。

A3 Sportback e-tronでは、EV、ハイブリッド、バッテリーレベル維持、ハイブリッドチャージの4タイプの走りのモードがあります。

EVモードはバッテリーが続く限りバッテリーのみで走ります。アクセルを踏み続けても最高速度の130km/hまで電気で走り、そこからエンジンには切り替わったりしません。

ハイブリッドオートモードは、もっとも普通のモードですが、一般的なハイブリッド車より電気自動車に近い。アクセルを強く踏んだりしない限り、エンジンに頼ることなくなるべくバッテリ ーで走ろうとします。

バッテリーレベル維持モードは、ドライバーが設定したバッテリーの充電量を維持するモードです。

ハイブリッドチャージモードは、バッテリーの充電量をなるべくフルに近づけようとします。ヨーロッパなどで電動車両しか入れないような地域で走るためにあるといいます。

 

オートモードで走り出してみると、ほとんど電気自動車のようです。バッテリーが極端に減っていなければ、アクセルを意図的にグッと踏み込んで加速するときなどはエンジンが始動し、ターボが効いたようなイメージで加速が増します。

アクセルを離すと、ハイブリッドの回生や、ガソリン車のエンジンブレーキのようには減速しません。これは、エネルギーを回生するよりも惰性で走らせたほうがエネルギー効率はいいという発想です。欧州車に多い、コースティングモードに値します。

そのまま平坦な場所でゆっくりとアクセルを踏み続けると、モーターだけで120km/hくらいは走ることができるといいます。つまり、日本国内ではオートモードでバッテリーが続く限り「ほぼ電気自動車」で走れると言えます。

ハイブリッドチャージモードでは、バッテリーが減っていると、エンジンがかかりバッテリーに充電するとともに動力となります。

パワートレインの特徴以外はアウディらしいカッチリとしながらゴツゴツしない乗り心地、ステアリング操作に対して自然なハンドリングなど、従来のアウディA3と変わりなくコンパクトカーの領域を超えたものといえるでしょう。静粛性もロードノイズはもちろん、モーター、インバータなど特有の電気系から発するノイズも抑えられています。重量も増している分、ある意味より大きなクルマに乗っている感覚もありました。けれど、バッテリーなどの重量増によるマイナスは特には感じませんでした。

プレミアムブランドならではの高付加価値として、専用のスマートフォンアプリでは、エアコンや充電状態をリモートコントロールでき、プラグインハイブリッドとしての「新しい」走りは十分にその価値があるように思います。

今なら、アウディから200Vの充電設備工事代金を最大15万円を提供するプログラムもあります。発売は、年内とのことです。

(clicccar編集長 小林 和久)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング