「エアージェスチャー」対応のポータブルタイプ「楽ナビ」を2機種発売

clicccar / 2015年10月18日 19時3分

運転中でも手を近づけたり振ったりすることで特定の操作が可能な「楽ナビ」の「エアージェスチャー」。

エアージェスチャーで可能な操作は、ナビとAV画面の切り替え、地図スケールの変更、地図方位の切り替え、ロゴマークの表示(ON/OFF)など多数あり、好みに応じて設定できます。

11月上旬に発売されるのは、7V型ワイドVGAワンセグTV/SD・メモリーナビゲーションの「AVIC-MRP770」、6.1 V型ワイドVGAワンセグTV/SD・メモリーナビゲーションの「AVIC-MRP660」。

今回の新機種では、画面に手を近づけたり、画面を横切るように手を振ったりするだけで、あらかじめ設定した操作を行うことが可能な「エアージェスチャー」の搭載はもちろん、見やすいデザインの地図表示により、シーンや好みに合わせて「ノーマルビュー」「スカイビュー」「ハイウェイモード」など多彩な表示から選択することができます。

正確な自車位置表示も自慢で、「車速補完型3Dハイブリッドセンサー(3軸ジャイロセンサー+3軸加速度センサー)」を搭載。

速度、傾斜、旋回などの車両の細かな動きも感知し、高精度に自車位置を把握することで、トンネル内や立体駐車場、山岳路などでも正確な自車位置表示を実現しています。

渋滞予測データも充実していて、大型連休や季節、曜日など、過去の渋滞情報を分析した渋滞予測データを収録。

渋滞予測データと独自のルートアルゴリズムを用いて、目的地により早く着くルートを探索するもので、全国約33万kmにお及ぶ「スマートループ渋滞情報」を享受できます。

価格はオープンですが、「AVIC-MRP770」の店頭予想価格は5万4800円前後、「AVIC-MRP660」が4万9800円前後となっています。

(塚田勝弘)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング