559万円の最上級仕様でもあるゴルフRヴァリアントの装備とは?

clicccar / 2015年10月25日 17時33分

280ps/380Nmを誇る2.0L TSIエンジンに、フルタイム4WDを組み合わせたゴルフRヴァリアント。

国産勢ではスバル・レヴォーグの2.0L DITの直噴ターボが300ps/400Nmに達し、価格も356万4000円(アドバンスドセーティパッケージでも367万2000円)で買えますから、ゴルフRヴァリアントの559万円は割高に感じます。

それでも「R」専用エクステリアやナパレザーシート、「R」専用スポーツサスペンションなどの専用装備に加えて、安全装備もフォルクスワーゲンの最新装備がほぼ網羅されています。

 

安全装備は、ブラインドスポットディテクション(後方死角検知機能)やリヤトラフィックアラート(後方自動警告・衝突軽減ブレーキ機能)、アダプティブクルーズコントロール、アダプティブシャーシコントロール、レーンキープアシスト、シティエマージェンシーブレーキ付のプリクラッシュブレーキシステムなどが標準されています。

さらに、急制動や極端なステアリング操作などによって事故の可能性を検出すると、即座にシートベルトのテンションを高め、同時にウインドウを閉じ、万が一の衝突が起きた際、各エアバッグが最大限の効力を発揮できるように備える、VWならではの「プロアクティブ・オキュパント・プロテクション」、自動ブレーキにより10km/h以下になるまで減速させて、対向車線へのはみ出しなどによって起こる多重事故の危険を低減させる「ポストコリジョンブレーキシステム」なども標準で用意されています。

ナビやETC2.0はもちろん、パークディスタンスコントロールやリヤビューカメラなども標準装備。

冒頭で紹介したように、レヴォーグよりも200万円高い価格設定ですが、ゴルフRヴァリアントはスポーツハッチバックのような切れ味も備えていますから、手が届く方は羨ましい限りです。

(文/塚田勝弘 写真/小林和久)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング