アヴェンタドール最後の改良型がニュルで勇姿を見せる

clicccar / 2016年10月26日 16時33分

ランボルギーニ・アヴェンタドールの改良型プロトタイプが、ニュルブルクリンクのノルトシュライフェで高速テストを開始しました。

このアヴェンタドール改良型は、プラグインハイブリッドの後継モデルへ繋ぐ、最後の自然吸気モデルとなると思われます。

現行モデルと比較して、ワイルドなデザインとなるフロントのエアインテークや、軽量化されるリップスポイラーをはじめ、センターエキゾーストパイプ及びデュフューザーもリフレッシュ。空力性能が大幅に向上し、より完成されたスーパーモデルとなることが予想されます。

パワートレインは6.5リットルV型12気筒NAエンジンで、現行モデルの700psから730psへと引き上げられるといいます。

ワールドプレミアは2017年3月のジュネーブモーターショーと伝えられています。

(APOLLO)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング