「Toyota Safety Sense P」と「Lexus Safety System +」が予防安全性能評価で最高ランクの「ASV++」を獲得

clicccar / 2016年12月2日 6時3分

主に中型車以上、あるいはビッグマイナー/フルモデルチェンジを受けた新モデルに搭載されている「Toyota Safety Sense P」とレクサス版である「Lexus Safety System +」が、国交省と自動車事故対策機構による「2016年度JNCAP 予防安全性能評価」において、最高ランクの「ASV++」を獲得しました。

「ASV」はAdvanced Safety Vehicleの略で、2016年度から始まった「ASV++」は、新設された最高ランク。

従来の性能評価(前方車両に対する衝突回避を支援する自動ブレーキ、車線はみ出し警報、後方視界情報の評価)に加えて、昼間の歩行者に対する衝突回避を支援する自動ブレーキの評価を追加。高得点を取得した車両が獲得できるトップランクとなります。

最近ニュースで取り上げられることの多い高齢ドライバーなどによる自動車事故では、こうした対歩行者の衝突被害回避・軽減ブレーキが備わっていれば、事故を防ぐか被害を軽減したケースもあったかもしれません。

トヨタによると、日本での交通事故死亡者(事故発生から24時間以内の死亡者)のうち、約37%(出展:警察庁 平成27年中の交通死亡事故の発生状況および道路交通違反取締り状況について)が歩行者に対する事故を占めるそう。

同社では、歩行者の交通死亡事故等を未然に防止するため、車両だけでなく歩行者も含む衝突回避支援機能を搭載したパッケージ「Toyota Safety Sense P」、「Lexus Safety System +」を2015年から普及を目指した価格設定で導入。

現在国内では、トヨタ、レクサスの9車種に搭載。今後も順次搭載車種を増やしていくとしています。

(塚田勝弘)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング