モデル転換期となる3代目が峠を走った! FF化されるBMW・1シリーズ次期型の軽快な走りをキャッチ

clicccar / 2017年9月14日 14時33分

BMWのCセグメントハッチバック『1シリーズ』次期型プロトタイプが、ワインディング・ロードをテスト走行する姿を捉えました。

「1シリーズ」は2004年に初代がデビュー。2011年に2代目へバトンタッチされ早3代目となりますが、初の大きな転換期を迎えようとしています。駆動方式がBMW伝統のFRからFFへ変更されるためです。

ニュルでのテストではないので、高速での状態は不明ですが、ワインディング・ロードでの走りはコーナーでもキビキビとしたハンドリングを見せ、FFならではの、安定感やエクステリアの大きさから居住空間の充実も感じられます。

パワートレインは、「X1」から流用される1.5リットル直列3気筒ガソリン、ディーゼル、2リットル直列4気筒ガソリンエンジンの他、PHVもラインナップされるはずです。

ゴルフに比べると歴史は浅いですが、その差を一気に縮めるモデルとなる可能性もあります。ワールドプレミアは、2018年9月が有力です。

(APOLLO)

clicccar

トピックスRSS

ランキング