レクサスがブランド体験型施設「LEXUS MEETS…(レクサス ミーツ)」を東京ミッドタウン日比谷にオープン

clicccar / 2018年3月23日 12時3分

「トヨタ」ブランドを扱うお台場の「MEGA WEB」、名古屋のミッドランドスクエアには、「トヨタ」、「レクサス」を展示するトヨタ自動車ショールームがあります。

メルセデス・ベンツが六本木に「Mercedes me Tokyo」を、BMWもお台場に「Tokyo Bay」を、アウディもみなとみらいに大型ショールームを構えるなど、高級車ブランドを知ってもらう場を積極的に設けています。

レクサスが3月29日にオープンさせる新たなブランド体験型施設「LEXUS MEETS…(レクサス ミーツ)」は、こうした状況からすると待望の最新ショールームといえそう。

同施設は「出会う、触れる、乗る」をテーマに掲げ、気軽に訪れることができ、レクサス車の魅力とブランドの世界観を示すことで、レクサスをより身近に感じることを目的としています。用意されるメニューは下記のとおりです。

ブティック&ギャラリー「STEER AND RING」


レクサスのあるライフスタイルをテーマに、生活シーンに合わせて様々なジャンル、ブランドからセレクトした雑貨の販売とレクサス車の展示を一体となって行う、ブティック&ギャラリー「STEER AND RING」。

コンセプトカフェ「THE SPINDLE」


レクサスの世界観を「食」によって表現したコンセプトカフェ「THE SPINDLE」。日本の食材にこだわりながら、「見て、食べて、撮って」楽しむことをテーマに、本格的なロテサリーマシンで焼き上げたチキンや、色鮮やかなデリ、ドライブや公園での散歩を楽しくするピクニックセットなど、バリエーション豊かなメニューが提供されます。

試乗体験プログラム「TOUCH AND DRIVE」

レクサスによる新しいスタイルの試乗体験プログラム「TOUCH AND DRIVE」。レクサスのラインアップ全11車種の中から試乗車が選択でき、スマホやタブレットから簡単に事前予約が可能で、季節やリクエストに合わせて都心のドライブが楽しめるもの。

ほかにも、これらの3つの体験に加え、「人・場所・時間」をテーマとした特別な試乗イベントや、レクサスの世界観を表現したデジタルコンテンツの体験、トークイベントも予定されているそうです。

(文:塚田勝弘/写真:小林和久・LEXUS)

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング