【新車】マイナーチェンジしたトヨタ・アクアの特別仕様車は黒内装で先進安全も充実

clicccar / 2018年4月5日 9時3分

いまや日本のあらゆるシーンで見かける定番モデルとなったトヨタ・アクア。2018年4月のマイナーチェンジに合わせて、装備の充実した特別仕様車S“Style Black”が登場しました。

ブラックを基調としたインテリアや「Toyota Safety Sense」と「インテリジェントクリアランスソナー」を特別装備することで予防安全性能を高めています。自動ブレーキはレーザーレーダーとカメラを使ったタイプ、対車両で速度約10km/h~80km/h、対歩行者の場合は自車速度約10km/h~65km/hで作動するというもの。さらに駐車場などでのアクセルとブレーキの踏み間違え事故を防ぐインテリジェントクリアランスソナーも装備することで、『サポカーSワイド』に相当する機能を実現しています。

外観では、メッキアウトサイドドアハンドルやメッキバックドアガーニッシュといったワンポイントの光り物によってシックな雰囲気を高めているのが特徴。ボディカラーは、特別設定色のダークブルーマイカのほか、ホワイトパールクリスタルシャイン(3万2400円高)、シルバーメタリック、ブラックマイカ、ジュエリーパープルマイカメタリックの5色が用意されています。

メーカー希望小売価格は197万9640円。ベースグレードに対して、約11万円アップとなりますが、スマートキーや運転席アームレストといった日常的に感じられる装備のグレードアップも考えるとお買い得な仕様といえそうです。

(山本晋也)

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング