パナメーラから移植の2.9リットルV6搭載。新型アウディ・S6アバントをキャッチ

clicccar / 2018年5月3日 15時33分

アウディのミッドクラス・ワゴン「A6アバント」次期型に設定されるハイパフォーマンスモデル「S6アバント」をスクープしました。

ダミーのヘッドライトを装着していますが、ローダウンされたプロトタイプには大型化されたフロントグリル、大口エアダクト、高性能ブレーキキャリパー、大径クワッドエキゾーストパイプなどが見て取れます。

室内は劇的に進化すると見られています。10.1インチのメインインフォテイメント・ディスプレイと、8.6インチのセカンドディスプレイを持つ「MMIタッチオペレーションシステム」や「バーチャルコックピット」が搭載されるはずです。

予想されるパワートレインは、4リットルV型8気筒ターボエンジンのキャリオーバーかと思われていましたが、最新情報でポルシェ『パナメーラ』から移植される2.9リットルV型6気筒ツインターボエンジンを搭載する可能性が高いことが分かりました。

最高出力は450psから470psと見られ、0-100km/h加速は4秒以下となるでしょう。また「S6」初のディーゼルエンジン搭載も噂されています。

ベースモデルの「A6 アバント」は公式写真のみ公開されましたが、ワールドプレミアは10月のパリモーターショーが有力です。「S6アバント」は2019年3月のジュネーブモーターショーで登場が噂されています。

(APOLLO)

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング