助手席ではTV視たいんです! データシステムの「テレビキット」に早くもNEWクラウン用がラインアップ

clicccar / 2018年7月5日 16時3分

純正のテレビ付きナビゲーションシステムは、安全走行に支障がないよう、走行中はドライバーが視聴できないようにテレビ画面が映らないし、ナビもかなりの操作が不可となりますよね。まぁ、走行中にドライバーがテレビを視たりナビの細かい操作をしてはいけないっていうことは当然、常識ある優良ドライバーでしたらお分かりのハズ…。

でも、クルマに乗っているのはドライバーだけではありません。助手席やリヤシートの人にはテレビだって視せてあげたい! 助手席のコドラはナビシステムの操作をしたっていいじゃないか!!

そんな要望から生まれた(多分)お助けグッズが、R-specブランドの自動車アフターパーツ総合メーカー、データシステムがリリースする「テレビキット」です。

しかも今回、このテレビキット・シリーズに追加されたのは、発売されたばかりのNEWクラウン用。さすが、仕事が早いです!

NEWクラウン用のテレビキットは、3タイプが選べます。

■切り替えタイプ=スイッチ操作でノーマル状態に戻すことが可能です。
■オートタイプ=切り替えスイッチの装備はないですが、取り付けがシンプルで室内のイメージも損なわれません。
■スマートタイプ=テレビ操作を純正ステアリングスイッチでON/OFFが可能です。

データシステムのテレビキットは、配線加工など一切無しのカプラーオンタイプなので、DIY装着をして「あぁ~やっちまった~!」などという失敗もないほど簡単。しかも車両側の配線を痛めることなく装着できるのです。車両側の配線不具合(接触不良など)は何らかのトラブルの元になったりする場合が多く、しかもその不具合が発見しにくい箇所なのです。そんなややこしいトラブルは極力避けたいですよね。

商品名は「TV-KIT(テレビキット)」ですが、走行中でもナビゲーションの操作も行えるようになる「ナビゲーションキャンセラー」機能も備わっていますので、行先変更やチャンネルチェンジ、オーディオのアレコレなど、クルマを停止することなく操作できるようになるのです(ドライバー以外が!)。

このテレビキットを使用して、助手席やリヤシートの方にリラックス&楽しんで快適ドライブをしてもらいたいですね。また、クラウンという車格から、運転は「運転手さん」が行うパターンも多いかと(ハイヤーとか社用車とか)。そんな使用をされる方にはもうコレ、必需品ではないでしょうか! 車両型式との適合の詳しくは、データシステムのWebサイトでご確認ください。

【トヨタ・クラウン(H30.6.26~) ARS220/AZSH20・21/GWS224 T-Connect SDナビゲーションシステム】

■切替タイプ(TTV411) 価格:オープンプライス
※付属スイッチでテレビ視聴/ノーマル制御を切り替え

■スマートタイプ(TTV411S) 価格:オープンプライス
※ステアリングスイッチでテレビ視聴/ノーマル制御を切り替え

■オートタイプ(TTA611) 価格:オープンプライス
※スイッチ操作なしで、常にテレビ視聴が可能

【関連リンク】

データシステム
https://www.datasystem.co.jp/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング