レクサス・LC初の改良型に「カブリオレ」登場。2020年発売と予想

clicccar / 2018年8月8日 18時3分

レクサスの旗艦2ドアクーペ「LC」改良型に関する情報を入手しました。それによりますと、初のフェイスリフトに合わせ待望の「カブリオレ」が設定されると予想されています。

入手した情報を元に、期待を込めた予想CGを制作しました。現行をベースに、サイドは大胆にえぐったデザインで空力アップ。フロントもスピンドルグリル、コーナーエアインテークも若干大きくし迫力を出しました。

またV型LEDの位置をトップに変更、サイズも大幅アップし、存在感をアピール。ライト周りのカバーも下まで伸ばし、高級感漂うカーボン仕上げにしました。

パワートレインは、3リットルV型6気筒ターボエンジンを搭載、最高出力は450ps程度が予想されています。

「LC」は2016年1月のデトロイトモーターショーで初公開された後、2017年3月に日本市場でデビューしています。「GA-L(Global Architecture-Luxury)プラットフォーム」を初採用し、ラグジュアリーかつスポーティな旗艦クーペです。デビューと同時、あるいはそれ以前からオープンモデル設定の噂があったが、ついに発売が現実となりそうです。

(APOLLO)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング