SUBARU BRZがハンドリングを向上させる一部改良を実施

clicccar / 2018年9月12日 8時3分

トヨタ86とともに、コンパクトな国産クーペとして貴重な存在であるSUBARU BRZ。200万円台前半からエントリーグレードを設定するなど、幅広い層から支持を受けています。

2018年9月11日、そのSUBARU BRZが一部改良を受けました。今回の改良では、車体後方の空気の乱流を抑えるためリヤホイールアーチ部分にフィンが追加されています。

さらに、 サスペンションのダンパーチューニングを最適化することで、接地性とコントロール性を高め、ハンドリングを向上させたそう。そのほか「RA-Racing」を対象に、ロールケージ形状の変更、シートベルトデザインの変更が施されています。

SUBARU BRZの価格帯は、22,430,00円〜3,375,000円です。

(塚田勝弘)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング